フィッシングロッド使用上のご注意

取り扱いについて

1.釣竿はとてもデリケートな道具です。
無意識のうちに釣竿にキズが付いたり、想像以上に負担がかかる場合があります。取り扱いには十分ご注意下さい。
2.ラインは必ず全てのガイドに確実に通してご使用下さい。
釣竿本来の性能を発揮するために、必ず全てのガイドにラインを通して下さい。通し忘れた状態で使用すると性能が損なわれるだけでなく、折損やパーツ破損の原因になりますのでご注意下さい。
3.リールシートの締め付けすぎにご注意下さい。
リールシートを締め付けすぎると、リールシートからリールが外れなくなったり、リールシートが破損する恐れがあります。
4.釣竿に表示されているルアーウエイトやラインの範囲は、必ずお守り下さい。
釣竿に表示されている範囲以上のルアーやラインを使用した場合、釣竿に過剰な負担がかかり折損やパーツが破損する恐れがありますのでご注意下さい。
5.垂直方向への荷重はかけないで下さい。
釣竿を立てて垂直に下方向へ荷重をかけると、釣竿の一部に極端に負担が集中し、折損やパーツ破損の原因となります。釣竿のアクションを見るためにラインを引き込んだり、天井へ当てて曲げる行為はお止め下さい。また、魚とのやり取りや抜き上げ、ドラグの調整、ルアーやオモリの交換時の引き込み、フックキーパー等へフックをかけるときにも十分ご注意下さい。
6.キズや衝撃に気をつけて下さい。
釣竿を岩やコンクリートなど堅い物の上に置くとキズが付きやすく、不意の折れにつながる恐れがあります。また、柵や車などに立てかけると倒れやすく、キズが付いたり折損やパーツが破損する恐れがあります。通常使用時はもちろん、保管、運搬、ボート走行時などの衝撃にも十分ご注意下さい。
7.ルアーの巻き取りすぎにご注意下さい。
ルアー等を巻き取りすぎると、トップガイドの破損やリング欠け、釣竿の折損につながりますのでご注意下さい。
8.ラインが絡んだ状態で使用しないで下さい。
釣竿の先端やガイドにラインが絡んだままで使用されると、その一部に負担がかかり折れる場合がありますので、必ず絡んだ部分をほどいてから使用して下さい。
9.ルアーやラインが何かに引っ掛かった場合はご注意下さい。
根掛かりなど、ルアーやラインが引っ掛かり外れない状態では釣竿をあおって外さないで下さい。折損やパーツが破損したりする恐れがあります。必ずラインを手にとって外すようにして下さい。その際、ラインで手を切る場合がありますので、手袋やタオル等で保護して下さい。
10.継ぎ竿に関するご注意。
● 釣竿の継目部分は使用前にしっかりと差し込んで下さい。また、使用中ゆるむ事がありますので、時々確認して下さい。ゆるんだまま使用すると継口の破損や釣竿が折損する恐れがあります。
● インロー継ぎは、機能上ゆるみ防止のために数ミリあくように設計されています。
● 継目を斜めに引き抜くと、継口を破損する恐れがありますので、まっすぐに抜いて下さい。
● 釣竿の継目部分にゴミや塩分が入り込まない様に常に注意して下さい。固着(継ぎ部分が外れない状態)の原因となります。
● 継目が固着した場合は、継目の両側近くに滑り止めを当てて握り、図のように2人で向き合い、お互いに逆方向にねじりながら引き、継目をゆるめて下さい。この際、一気に力を入れると、継口やガイドを破損する恐れがありますので注意しながら徐々に引き抜いて下さい。弊社アフターによる固着外しもお受け致します。(有償)
● 釣竿の継目部分は、絶対に加工しないで下さい。
11.振出し竿に関するご注意。
● 釣竿を伸ばす時は、穂先から順番に一本ずつ引き出し、少しねじってしっかり固定して下さい。
● 釣竿を仕舞う時は、伸ばす時とは逆に、元竿から順番に納竿して下さい。水分や汚れが付着している場合は拭き取りながら納竿して下さい。
● 継目から埃や砂などが入った場合は、ネジ式のエンドキャップを外し、流水で洗い流し、風通しの良い場所で陰干しして下さい。
● 継目が固着した場合は、2人で向き合い継目の両側近くに滑り止めを当てて握り、お互い逆方向にねじりながら押して継目をゆるめて下さい。この際、一気に力を入れると、継目に手を挟み怪我をする恐れがありますので、注意しながら徐々に力を入れて下さい。
● 釣竿を仕舞って移動する際には、ガイドにラインを通して釣竿に負担のかからない程度にとめるか、ロック機能があるものは確実にロックして下さい。先端部が不用意に飛び出すと、折損やパーツ破損、思わぬ事故につながります。
12.釣竿を束ねる際はご注意下さい。
釣竿を束ねる際は十分ご注意下さい。ガイドの変形や、ブランクにキズが付いて折れる原因となります。
13.改造や分解などはお止め下さい。
釣竿の改造や分解は、本来の機能を損なうだけでなく折損や破損の原因にもなります。また全てのアフターサービスをお受け致しかねます。

PAGE TOP

その他のご注意

1.釣竿の曲がりについて。
釣竿の生産技術上、グラス、カーボンなど素材の違いを問わず、各部分に発生する曲がりを100%排除することは不可能です。強度や機能上は問題ありません。
2.リールの種類によってはリールシートに合わないものがあります。
本製品のリールシートは、できるだけ汎用性の高いものを使用しておりますが、リールフット(リールの足)の形状に共通規格が無いため、場合によっては合わないものがあります。あらかじめ諸事情をご理解の上、ご了承下さい。

PAGE TOP

お手入れ・保管方法

1.使用後のお手入れについて。
使用後は濡れたままにせず、水分を柔らかい布等で十分に拭き取ってから保管して下さい。
汚れのひどい場合は、ゴミなどを取り除いた後、中性洗剤の薄め液と柔らかいスポンジ等でキズが付かないように軽く拭き取る感じで洗って下さい。また、シンナーやクレンザーなどは塗装面をキズつける原因になりますので使用しないで下さい。洗浄の際は弊社より販売の『EGスーパーウォーター』をお勧めします。ご使用の際は商品に記載の使用説明を読み正しくお使い下さい。
2.海水での使用後はすぐに塩分を洗い流して下さい。
海水で使用した場合、サビなどを防ぐために、使用後すぐに真水で十分に塩分を洗い流し乾いた柔らかい布などで拭き取って下さい。
3.高温になる場所や湿気の多い所には放置しないで下さい。
直射日光のあたる場所や、車内やトランク内などは想像以上に高温になります。短時間でもブランクの反り(曲がり)やグリップの変形など様々なトラブルの原因となりますので放置は避けて下さい。
4.直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管して下さい。
釣竿の保管は、直射日光の当たらない風通しが良く、湿気の少ない場所に保管して下さい。釣竿が曲がったままでの保管は、ブランクの反りの原因となりますのでご注意下さい。

PAGE TOP

使用上のご注意

  • 高圧線・架線・電線等による感電にご注意下さい。釣竿の素材特性上、電気をよく伝えます。したがって電線等に接触すると感電する恐れがあります。場合によっては死亡事故につながります。特に高圧線の下では絶対に使用しないで下さい。高圧線の場合、近寄っただけでも高圧線から放電し感電する場合があります。釣場以外の場所で釣竿を使用し電線に触れる事故が発生しています。釣竿を使用するときは周囲の安全に十分ご注意下さい。
  • 落雷による感電にご注意下さい。釣竿を使用中、雷が発生した時は、ただちに釣りを中止し釣竿から離れ安全な場所へ避難して下さい。
  • キャスティングの際は周囲の安全を確認して下さい。ルアーを投げるときは周囲に人がいないか十分安全を確認して下さい。釣針、ルアー、オモリ、ライン等が当たると非常に危険です。
  • 釣竿を使用する際はサングラス等で目を保護して下さい。釣竿が折れて破片が目や頭部に刺さったり、釣針、ルアー、オモリ、ライン等が顔や頭に当たると非常に危険です。釣竿を使用する際にはサングラスや帽子を着用して下さい。
  • ルアーが何かに引っ掛かった場合はご注意下さい。根掛かりなど、ラインやルアーが引っ掛かり外れない状態では釣竿をあおって外さないで下さい。切れたラインや外れたルアーが飛んできたり、釣竿の折損やパーツの破損によりケガをする恐れがあります。また、ラインを手にとって外す際にはラインで手を切る場合がありますので、手袋やタオル等で保護して下さい。
  • 釣竿が折れた場合はご注意下さい。折損箇所はとても鋭く危険です。ケガをする恐れがありますので、手で触らないようにして下さい。
  • 釣り以外の用途に使用しないで下さい。本製品は魚釣りの目的のために作られています。釣場以外の人混みの中や、狭い部屋などでは大変危険ですのでご使用をお止め下さい。
  • お子様の手の届かないところに保管して下さい。釣竿の先端は特に細く危険です。思わぬケガや事故につながる可能性がありますので、付属の竿袋等に入れて、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。

PAGE TOP

リール使用上のご注意

  • キャスティングの際は周囲の安全を確認して下さい。
  • キャスティングの際は必ずストッパーがONにしてあるか確認して下さい。OFFの状態で使用すると、ハンドル、ローターが回転し、手に当たりケガをする恐れがあります。キャスティング以外の時もONの状態でご使用下さい。
  • 遠投や重い仕掛を投げる際は必ずドラグを締め付けてから投げるようにして下さい。ドラグが滑ると糸で指をケガする恐れがあります。
  • キャスティングの際は必ずベイルを起して下さい。起し忘れると仕掛けが切れたり、思わぬ方向に飛んで周囲の人にケガをさせる恐れがあります。
  • キャスティングやドラグ作動時など糸が勢いよく出ている時は糸にふれないで下さい。糸で指を切る恐れがあります。
  • 仕掛け等が着水するまで絶対にベイルを戻さないで下さい。反動でケガをしたりタックルが破損する恐れがあります。
  • 回転しているハンドル、ローター等には触れないで下さい。ケガをする恐れがありますのでご注意下さい。
  • 根掛かりした時(釣糸、仕掛けが引っ掛かり外れない状態)は、竿やリールで無理にあおらず、できるだけ釣場に糸の残らないよう引き寄せて糸を手にとって切るようにして下さい。また、糸を手に取る場合は、糸で手を切る場合がありますので手袋やタオルで手を保護して下さい。
  • リールの回転部分にはグリスやオイルが付いています。服等、汚さないようご注意下さい。
  • リールを釣り以外の用途に使用しないで下さい。
  • お子様の手の届かないところに保管して下さい。

PAGE TOP

フィッシングライン使用上のご注意

  • 釣糸を切断する場合はハサミやラインカッターを使用して下さい。手や歯で切断するとケガをする恐れがあります。
  • 使用済みの釣糸やスプールを釣場に捨てず、持ち帰って処分して下さい。
  • 釣以外の目的に使用しないで下さい。
  • お子様の手の届かない場所に保管して下さい。

PAGE TOP

ルアー使用上のご注意

  • 釣針は鋭く危険ですので取扱に注意して下さい。
  • ご使用の際は周囲に人がいないことを確認して下さい。
  • ルアーが何かに引っ掛かった場合はサオをしゃくらないで下さい。ルアーが飛んできて危険です。
  • 高温所に放置するとトラブルの発生原因になりますので保存には充分注意して下さい。
  • ワーム類は食品ではありませんので絶対に食べないで下さい。
  • 釣以外の目的に使用しないで下さい。
  • お子様の手の届かない場所に保管して下さい。

PAGE TOP

その他使用上のご注意

自動膨張式小型船舶用救命胴衣について

  • 充気装置を作動させた場合は再使用しないで下さい。一度膨脹させると、炭酸ガスボンベ内のガスが無くなり再使用できません。
  • 膨張機能については、商品説明書の使用方法をお読みいただいて正しく使用して下さい。
  • 使用前、使用中は飲酒をしないで下さい。
  • 着用前に気室を傷つける恐れのある物、突起物、鋭利な物(ブローチ、ボールペン、安全ピン)などは衣服から取り外してください。気室を傷つけ使用できなくなる恐れがあります。
  • 外衣として着用してください。着衣の下に着用しますと膨脹時に胸や腹を圧迫して呼吸ができなくなる恐れがあります。
  • 着用前にボンベの弛みやバックルなどの部品が壊れていないか、ベルトや本体の縫製が破れていないか確認をしてください。
  • 取扱説明書の注意事項に記載の使用前の点検事項等は必ずご確認下さい。
  • 水中では気室を損傷させる恐れのある浮遊物に近づかないで下さい。
  • 使用後は気質の空気を完全に抜いてください。気室に空気が残っていると再び膨脹させたときに気室が破裂する恐れがあります。
  • 製品の取り扱い時は火気厳禁にしてください。気室はナイロン生地で作られているので火気に近づけると穴があいて救命胴衣として機能しなくなります。
  • 改造は絶対にしないで下さい。小型船舶用救命胴衣としての機能を失う恐れがある他に国土交通省の型式承認品として認められなくなる場合があります。

PAGE TOP

ルアー(シンカー)について

  • ルアー(シンカー)が何かに引っかかった場合は竿をしゃくらないで下さい。ルアー(シンカー)が飛んできて危険です。
  • フッキング等の際にルアー(シンカー)が飛んでくることがあり危険ですのでご注意ください。
  • ルアー(シンカー)が飛んできて目や頭に当ると非常に危険です。サングラス、帽子等を着用してください。

PAGE TOP

その他製品について

  • ライターは顔や衣類から離して点火して下さい。また、たばこの点火だけに使用し、使用後は炎が消えたことを確認して下さい。
  • ナイフ、カッター、プライヤーの刃先に直接手で触れたり、投げたりする行為は、たいへん危険ですので絶対におやめ下さい。
  • プライヤーで切断した材料の飛び散りに注意して下さい。目を保護し周囲に人がいないか充分確認して下さい。
  • ワッペンは、熱圧着タイプではございませんのでアイロン等での接着はおやめ下さい。
  • お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339