ブザービーター

ブザービーター

最後の一投にすべてを賭ける。試合終了のブザーと同時にゴールゲットする最後の切り札。

「ブザービーター」。そのネーミングの由来は試合終了のブザーと同時にゴールゲットするファイナルシュート。最後の期待にこたえるという意味をもちます。その最大の特徴は誰もが簡単に、一定の釣り方で結果を出せる事。「ブザービーター」は使い手の技量によってポテンシャルを発揮するテクニカルプラグとは対極の位置にあり、極めて広いエリアから誰もがクイックに、イージーに、ただストレートにリトリーブするだけで、バスを見つけ出せる究極のパイロットプラグです。広大なシャローフラットや漠然としたウィードエリア、また、バスが何処にいるのか解りづらい…、そんな時こそ、「ブザービーター」を投げてみてください。そこから新たなるステージへの扉が開けてくるはずです。

■ハイサウンド
全長 7.2cm 自重 18.0g
タイプ シンキング 潜行レンジ
推奨タックル Rod:ミディアム~ミディアムヘビー6′0″~7′0″ベイトロッド
Line:フロロカーボン10~16lb. or ナイロン10~20lb.
リング(スナップ)サイズ 【ラインアイ】 #3,【フックアイ】 フロント:#3・リア:#3
フックサイズ フロント:#4・リア:#6
価格 1,944円(本体価格:1,800円)
■SOS(サイレントタイプ)
全長 7.2cm 自重 18.0g
タイプ シンキング 潜行レンジ
推奨タックル Rod:ミディアム~ミディアムヘビー6′0″~7′0″ベイトロッド
Line:フロロカーボン10~16lb. or ナイロン10~20lb.
リング(スナップ)サイズ 【ラインアイ】 #3,【フックアイ】 フロント:#3・リア:#3
フックサイズ フロント:#4・リア:#6
価格 1,944円(本体価格:1,800円)
■タングステン
全長 7.2cm 自重 20.0g
タイプ シンキング 潜行レンジ
推奨タックル Rod:ミディアム~ミディアムヘビー6′0″~7′0″ベイトロッド
Line:フロロカーボン10~16lb. or ナイロン10~20lb.
リング(スナップ)サイズ 【ラインアイ】 #3,【フックアイ】 フロント:#3・リア:#3
フックサイズ フロント:#4・リア:#6
価格 2,052円(本体価格:1,900円)

PAGE TOP

詳細・特徴

  • ハイサウンドタイプ
    ●場所を選ばないオールラウンダー。アピール度の高いラトルサウンド。
    いかなるシチュエーションにおいても最もアピール度の高いラトルサウンドを得ることができ、広い範囲からバスをサーチすることができます。
  • S.O.Sサウンドオブサイレンス(サイレントタイプ)
    ●パワフルなアクション。音ではなく振動でビッグバスを刺激。
    ここぞというスポットを絞り込めた時、そこを一撃で通す時などに有効なサウンドオブサイレンスタイプ。音ではなく振動でバスに感知させるため、アクション自体をパワフルに設定しています。強烈なフラッシング効果をもたらすインサートプレート内蔵モデルもラインナップ。
  • タングステンモデル
    ●タングステンによる強烈な波動。ハイインパクトアピールモデル。
    広いエリアからバスを寄せる能力を特化させるため、ラトル素材にタングステンを採用し、高音で非常に強い衝撃波をボディの側面から発生させます。
※クリアモデル(#02 / #108 / #145 / #231 / #601)は樹脂の構成分子量をコントロールすることによって、不必要にバスをスプークさせないガラス音に近い軽めのサウンドに設定しています。

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 大西健太 秋の琵琶湖をスピナーベイト&バイブレーションで攻略
    琵琶湖は水温も徐々に低下していよいよ秋本番!! バスの行動範囲が広がり全レンジで釣れるようにはなるのですが、逆に狙いどころが絞れなくなったり、ターンオーバーなどで釣りにくくなってしまうこともあるのがこの季節。そこで、今回は僕が思う秋バスの有効な釣り方を紹介したいと思います☆
  • 下敷領信也 琵琶湖攻略ルアー&ロッド・ベスト5
    2011年の琵琶湖は安定感が全くない感じでかなり厳しい状況が続いていますが、そんな中でも活躍してくれているルアー&ロッド・ベスト5を紹介します。
  • 【動画】『 大西健太 梅雨の琵琶湖攻略法 』
    撮影時期は梅雨! 梅雨と言えばトップゲームが炸裂してくる時期ですよね~! この時期の琵琶湖は表層展開でデカバスがガンガン狙えるので、表層パターンをメインにビックバスを狙っていきました!
  • 最強ブザービーター まさに絶好調!
    「EG going!」Vol.13 『 大西健太流 秋の琵琶湖攻略 』は見ていただけましたか? 撮影でデカバスを仕留めたブザービーターですが、今もまさに絶好調です!
  • 【動画】『大西健太流・秋の琵琶湖攻略 』
    「EG going!」の舞台は、なんと!なんと!! 僕のホームレイク琵琶湖。撮影前も連日ガイドで湖上に浮いていましたが、強風より日に日に濁りと水温低下が進んでいき、ターンした水が全域に広がって水質悪化が続いていました。しかも当日の寒波で一気に秋から冬に季節が進行したような感じでした。バスはこういった状況変化に敏感に反応するので、その状況に合ったルアーセレクトが非常 に重要になってきます!

PAGE TOP

カラーチャート

= グロー(蓄光カラー)  
※画像はカラーイメージです。サイズ・仕様は異なる場合があります。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339