2021.06.09 (水) NEW

小林知寛 57cm&54.5cm、リザーバーのシャローカバーをキッカーフロッグで攻略

The Hitロケで小林知寛が魅せる。得意のフロッグゲームでリザーバーのシャローカバーを攻略。57cm&54.5cmのビッグバスを獲ったキッカーフロッグの釣りについて、小林プロのコメントを紹介します。

この時期、減水傾向のリザーバーではバスが上目線になっていることが多いんです。なので、ジグやワームを沈めて釣るよりも、トップウォーターの方が釣れるなんてことも多々経験しています。

このロケの時は、カエルが鳴いていたのでキッカーフロッグをチョイスしました。

狙いはバンク沿いのブッシュ。バスボートからの釣りだったので、ボートやエレキでプレッシャーを掛けないように注意しながら慎重にネチネチと狙いました。

でも実際、このフロッグの釣りは、オカッパリでやる方がシャローを狙いやすいので有効ですね。

もしオカッパリで狙うのであれば、ひとつのポイントでカバーの手前から徐々に奥へと何回もキャストしてしつこく狙います。ボートと比べてプレッシャーをかけにくいので、キャスト数が増えても問題ないと考えます。

特にフロッグは引っ掛かりにくいので、オカッパリでややこしいカバーを狙って少しぐらいキャストミスしてもポイントを荒らすことがないのでオススメです。ワームより釣れることもあるのでぜひ試してみてください!

■タックルデータ
[ロッド]オライオン OCSC-69MH ムーンゲイザー
[ライン]PE45lb
[ルアー]キッカーフロッグ

■関連サイト:サンテレビ The Hit

■小林知寛メディア
Facebook
Instagram

ページトップ

ロケ当日の模様

「減水傾向のリザーバーはトップウォーターが効く」と小林。
「カエルが鳴いている」キッカーフロッグにチェンジした直後に狙い通り。
1本目はキッカーフロッグを丸飲みにした57cm。
ムーンゲイザーのパワーで枝越しに掛けて引きずり出した。
「ヘラブナ?」と2本目はコンディション抜群の54.5cm。
水温13℃でもキッカーフロッグを本気喰い。
詳しくはコチラの動画をご覧ください
↓ ↓ ↓

ページトップ

関連記事

  • 関連する記事はありません