2017.04.11 (火)

宮下靖矢 JB九州第1戦・遠賀川戦優勝! ダブルモーション3.6インチで2キロフィッシュ!!

はじめまして!エバーグリーンフィールドスタッフの宮下靖矢(ミヤシタ セイヤ)です。
先日、JB九州初戦・遠賀川戦に参戦し、優勝することができたのでご報告します。

■ プラクティス

大会期間中は大潮絡みということもあり、プラクティスではシャローに上がってくる魚を狙って1~2.5メートルぐらいのレンジを中心に探っていきました。

メインエリアは岬状になっているロックエリアで、キーは「日差し」。午前中は日差しが良く当たる西岸を選択し、日が昇り切るお昼ごろからは東岸を探っていくという感じです。

また、最近の遠賀川のバスはルアーや通すコースにとてもシビアになっていて、合っているとすぐにバイトが出るのですが、合ってないと全くと言っていいほど喰いません。

さらに、大潮絡みだとバスのポジションが変わるのが早く、昨日連発したエリアでも今日は「もぬけの殻」ということも良くあります。

そこで、あえてルアーを

ダブルモーション3.6インチ・7gリーダーレスダウンショット
ダブルモーション3.6インチ・5gチェリーリグ
ツインテールリンガー4.7インチ・1.8gネコリグ

の3つに絞ってローテーション。状況に早く合わせていけるよう気をつけました。


ページトップ

■ 大会当日

大会当日、まずはプラで決めた本命エリアではなく、あえて今日は釣れないと思われるエリアへ。もしそこで釣れればバスのポジションが変わっていると判断、釣れなければそのままプラン通りにやろうと考えました。

そして朝の1時間はそのエリアをしっかりと探り、何も釣れず一安心。プラン通り、本命のエリアに移動しました。

到着してまずキャストしたのは、最近調子が良いツインテールリンガー4.7インチ 1.8gネコリグ。しかしどうもバイトが出ないので、ダブルモーション3.6インチ 5gチェリーリグにチェンジして探るとすぐにバイト。推定1キロのナイスフィッシュ!

「時合いか!?」と思い、ワームを付け直すタイムロスを避けて、ダブルモーションがセットされている7gリーダーレスダウンショットをすぐさま投げると、この日キッカーの2キロフィッシュ!!

が、そこからはバイトが続かず移動。いろんなところを回ってみますがやはり反応なしで、本命エリアに戻るとまさかのバッティング。少し焦りましたが、近くにある似た条件のエリアをあたるとすぐにバイトが出て、リミットメイク!

ここからは勝負に出て、巻きの展開でウェイトアップを狙いましたが反応がなくタイムオーバー。そしてウエイン。結果は3本で3,500g。まさかとは、思いましたが優勝してしまいました!

この優勝は、僕一人の力ではなくて、家族や釣り仲間、そしてサポートメーカーの支えがあってこそだったと思います。本当に、ありがとうございました! これからも、どうか応援よろしくお願いします。

■タックルデータ
ロッド:ファクト HFAC-70HST
ライン:バスザイル・マジックハードR 14lb
ルアー:ダブルモーション 3.6インチ 7gリーダーレスダウンショット

ロッド:ファクト HFAC-67MHST
ライン:バスザイル・マジックハードR 14lb
ルアー:ダブルモーション 3.6インチ 5gチェリーリグ

ロッド:ファクト HFAC-66MST
ライン:バスザイル・マジックハードR 10lb
ルアー:ツインテールリンガー 4.7インチ 1.8gネコリグ


ページトップ

関連記事