2010.08.11 (水)

小山雅史、ヘビーダウンショットのピンスポット撃ちで優勝!

こんにちは。エバーグリーンプロスタッフの小山雅史です。
7月25日に地元、岡山県旭川ダムで行われた2010年 JB旭川第3戦で優勝することができましたのでご報告します。

試合前日の夕方に激しい夕立に見舞われ、特に旭川ダムの上流にある湯原ダム近辺が大雨だったらしく、スロープ前から見る限り、上流エリアは激ニゴリしていました。そこで、上流エリアを試合プランから除外し、中・下流エリアに絞って勝負することにしました。

■ ヘビーダウンショットでキッカー、キモはリーダーの長さ

まず、朝一は中流域のワンド奥に入りました。昨日の雨の影響で上流ほどではないにしろ、水が悪い状況。しかし、沈んだ木を狙いジグヘッドワッキーを中層スイミングさせ、この日1本目となる500gをすぐにキャッチ。

次に少し下ったところにあるワンドに入り、ワンド最奥に広がるシャローフラットのブレイクに点在する岩に3インチクローワームの7gヘビーダウンショットリグをピッチングで撃っていきました。

ここでの狙いは、シャローフラットにいるベイトを捕食するために、岩に潜んで待機している魚。水深は約1m、岩の高さが約30~40cm。

自身の経験上、その岩の半分ほどの高さに魚が浮いていると確信していたので、ヘビダンのリーダーの長さを15cmにセット。ここで1,300gのキッカーをキャッチ。

ここでは、リーダーの長さがキモで魚のいるレンジに合わせ、目の前にワームを落としてやると、短いシェイクで簡単に、躊躇なく喰わすことが可能です。


ページトップ

■ 2本目のキッカー、またしてもヘビーダウンショットのピッチング

しかし後が続かず、とりあえずリミットメイクしようと他のワンドへ。そこではサイズは小さいものの、500~600gの魚をジグヘッドワッキーで釣りリミットメイク。

5回程入れ替えをしたのですが、もう1本キッカーサイズがほしかったので、前日プラでキロオーバーを獲っている下流域の岩盤エリアへ。

ここでは、岩盤に3インチクローワーム7gヘビダンを落としていくがバイトがありません。

本来なら、岩盤に張り付いているエビがボートの引き波で踊り、バスにスイッチが入るはずなのに・・・この日は岩盤自体を多くの選手が攻めており、試合ということもあり引き波もきつすぎるようでした。

そこで今度はその岩盤エリアのストレッチの中での変化、岩盤と岩盤の間にある土のバンクに着目しました。

水深1~2mに沈んでいる高さ30~40cm岩を、先程と同じくリーダーを岩の高さの半分の長さの15cmにセットしたヘビダンで撃っていき、この日一番の1,400gを釣ることができました。


ページトップ

■ ヘビーダウンショットロッドに求められる要素とは

今回ヘビーダウンショットで使用したロッドは、ヘラクレス・フォースグランディス。「フォースグランディスって巻物用ロッドじゃないの?」と思っている方もいると思いますが、実はヘビーダウンショット・ライトテキサスなどにも相性のいいロッドです。

私がヘビーダウンショット用ロッドに求める要素は、ティップが柔らかすぎず、硬すぎずということ。

柔らかすぎるティップではキャスト時 のブレでアキュラシーが低くなってしまいます。特に今回のような岩を1個1個、正確に撃っていく釣りでは致命的です。逆に硬すぎると、シェイクなどのアク ションがつけにくくなったり、バイトをはじいてしまったりします。フォースグランディスはこの2点の間のちょうどいい柔らかさ・硬さに仕上がっているので す。


さらに、掛けた後も岩から難なく引き離せるヘラクレスシリーズの強靭なバッドパワーは66Mクラスのロッドの中で最強ではないでしょうか。特に旭川ダムの魚は掛けてから上に向かって走る傾向があるので、柔らかいロッドではしっかりフッキングができません。

しかもヘラクレスシリーズ共通の軽量感から、66なのに62くらいの感覚で扱うことができるので、今回の試合のように、ひたすらピンスポットにヘビダンを撃っていくという動作を繰り返しても、疲れもなくキャスト精度が落ちることはありませんでした。


ページトップ

■ 濁りの中でも確信を持ってアプローチ

さて試合のほうですが、2本目のキッカーが入ったことで、ウエイトは3,307g3本)。この日は、自分が予想していた通り上流が釣れていなかったため、地元旭川でやっと優勝することができました!

今回は水が濁っていたために、魚の位置は確認しづらかったのですが、日ごろ水がクリアなときに魚が岩の半分の高さにサスペンドしているのを確認していたため、濁りが入った中でも確信をもってアプローチすることができました。

普段の釣行で、魚のつき方、行動などを観察しておくことで、状況が変化しても、焦らず確信をもって釣りに集中できたのが勝因だったと思います。

■タックルデータ
ロッド:ヘラクレス HCSC-66M フォースグランディス
ライン:バスザイル・マジックハードR 10lb
ルアー:3インチクローワーム
ルアー:7gヘビーダウンショットリグ(リーダー15cm)


ページトップ

関連記事