カプリスエッジ

カプリスエッジ

オリジナル・カプリスと比較して、より薄く長くデザインされた「カプリスエッジ」。キレ込むような高速ダートアクションと、喰わせ能力の高いスローフォールが特徴です。

ダートとフォールでアクションの緩急(速度の差)を大きく付けることができるので、ただ速いだけや遅いだけの単調なアクションには反応しない渋いブリ・メジロや、タチウオ、サワラ、根魚等に対して非常に有効です。

エバーグリーンジギングプロスタッフ・久保浩一による開発テストでは、好条件下ではもちろん、同船者の操作する他のジグには反応がないような渋い条件下でも幾度となく釣果を上げ、実力を証明してきました。

高速ダートアクション
ごく軽い力のジャークで鋭くキレ込むような速いダートアクションを発生。また、ラインアイにラウンド形状を採用することでダート方向がイレギュラーに変化し変則的な動きで魚を誘います。ダート幅は入力に応じてショート~ロングまで調節可能なので、状況や対象魚に応じて幅広い誘いを演出可能です。

喰わせのスローフォール
ダート~一瞬の静止の後、「ピラピラピラ」とした動きを伴うスローフォールを発生。魚にとって魅惑的、かつ極めて喰いやすいフォールアクションを実現しました。




ハイピッチジャーク時のアクションイメージ



スローピッチジャーク時のアクションイメージ






ブリ
基本はフロントのみにツインアシスト(標準フックサイズ:3/0)をセット。もしそれでバレるようであれば、リアにツインアシスト(標準フックサイズ:3/0)を追加します。強度が欲しいので他の対象魚を狙う場合よりもワンランク大きめで軸も太めなフックを選択しますが、喰いが極端に浅い場合などは刺さりの良さを優先して2/0、もしくはそれ以下のフックを選択する場合もあります。アシストラインの中芯には、フロロカーボンラインを選択します。



サワラ
リア、フロントに長めのツインアシスト(標準フックサイズ:2/0)をセットします。長さの目安はボディに沿わせた時に半分より下に針先がくる程度です。アシストラインを長めにすることで、リーダー(フロロカーボンライン)を歯からなるべく遠ざけてラインブレイクを少なくすることができます。また、吸い込む力の弱い魚なので、口の中に限らず口の外側にも積極的に絡め掛けていくためのセッティングでもあります。アシストラインの中芯には、ワイヤーラインを選択します。



タチウオ
フロントにはツインアシスト(標準フックサイズ:2/0)、リアには自作のワイヤーライン付きイカリ針をセットします。自作のワイヤーライン付きイカリ針をセットすることにより、口を使った個体だけでなく、ジグのそばまで見に来ただけの個体までも狙って掛けていくことができます。アシストラインの中芯には、ワイヤーラインを選択します。



根魚
フロントにはツインアシスト(標準フックサイズ:2/0)、リアにはトレブルフックをセットします。また、アピール力を高めるため、タコベイト等をセットすることもよくあります。その際のイメージは、餌(タコベイト)を捕食中の小さなカサゴ(ジグ)。周囲の大きな根魚は、餌を横取りしようと飛び掛かってきます。アシストラインの中芯には、フロロカーボンラインを選択します。



■100g
全長 12.7cm 自重 100g
価格 1,300円(税別)
■130g
全長 13.8cm 自重 130g
価格 1,500円(税別)
■180g
全長 15.4cm 自重 180g
価格 1,700円(税別)
■250g
全長 17.1cm 自重 250g
価格 2,000円(税別)
■320g
全長 18.6cm 自重 320g
価格 2,300円(税別)

PAGE TOP

詳細・特徴

  • ボディ
    オリジナル・カプリスと比較して、より薄く長くデザインされたボディ形状。キレ込むような高速ダートアクションと、喰わせ能力の高いスローフォールを発生します。
  • ラウンドアイ
    ラウンドアイ採用によりダート方向がイレギュラーに変化し変則的な動きで魚を誘います。また、立ち上がりの引き抵抗を軽減し、軽快な操作感を得られます。
  • タテアイ
    着底時の衝撃によるアイの変形を軽減するだけでなく、テールフックを装着する場合の根掛りを大幅に減少させる効果があります。

PAGE TOP

カラーチャート

= グロー(蓄光カラー)  
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339