CSYC-71H スーパーディトネーター

スーパーディトネーター

  • コンセプト
ジグ&ワームを世界レベルで扱うためのスーパーバスフィッシングマシーン。

スーパーディトネーター

対カバー用ラバージグ&テキサスリグのピッチング&キャスティングロッドとして。あるいはオフショアでのフットボールジグやテキサスリグのフルキャスト対応ロッドとして。ルアーを操作し、アタリを感じて喰わせ、そして掛けて引き出すというジグ&ワームの釣りにおける基本動作を世界レベルで行うためのロッド、スーパーディトネーター。

清水盛三の釣りを10年以上の長きに渡り支えてきた、バットからティップ先端までの全身にコンバットスティックを象徴する「張りの強さ」、すなわちビッグバスの固い上顎を貫き、瞬時に浮かせるパワーと小さなバイトをはじかず吸い込ませる「喰わせ」をハイレベルで両立したタクティクス・ディトネーターが、最先端テクノロジーにより劇的に進化。強烈なフッキング&リフティングパワーがさらにアップしたにもかかわらず、同時に軽量化を実現。並みのエクストラヘビーアクションロッドを超えるパワーを持ちながらも、タフなビッグフィッシュを相手にしたライトウエイト・テキサスリグでの繊細なカバー撃ちにも対応範囲を拡げた。

さらに特筆すべきは、感度に対する清水のこだわり。それは意外にも「高感度なロッドは必要ない」というもの。しかし、その意味を取り違えてはならない。世界最高峰の舞台で戦うトップアスリートのこの言葉の裏には、「感度は重要だが、ただ単に高感度にすれば良いというわけではない。魚を釣るために本当に必要な情報はしっかり伝え、それ以外の余計な情報はノイズにしかならないのでカットしてほしい」というハイレベルな要求が隠されている。

「コンという明確なアタリどんなロッドでもわかる。本当に感じ取りたいのは、ビッグバスに多いアタリ、ただ重くなるだけで全く動かず抑え込むような鈍い違和感。それが魚なのか、あるいはウィードの切れ端なのか、判断に迷うほど微妙な違いを瞬時に判別するための感度を求めると、ありとあらゆる情報が手元に伝わってくるような高感度さが邪魔になることがある。あまりにも情報量が多いと、本当に必要な情報が埋もれてしまうし、迷いが生じることにもなる」

これこそが清水がジグ&ワームロッドに求める感度の良さであり、獲るために必要な本当の感度を追求してついに誕生したスーパーディトネーター。ワンバイトもミスできない世界レベルでの戦いの中、1日中繰り返されるピッチング&キャスティングを速く正確にこなし、ルアーを巧みに操る。アタリとも言えないような違和感を感じて合わせる。そして、掛けた魚に一切の主導権を与えず瞬時に浮かせて獲る。まさにスーパーバスフィッシングマシーン。それがスーパーディトネーターである。

〈対応ルアー&リグ〉
ガード付ジグ / テキサスリグ / ライトテキサスリグ / フットボールジグ / ヘビーキャロライナリグ etc…

■シナジー開発ストーリー1はコチラ

全長 2.16m  継数
標準自重 140g  パワー ヘヴィ 
ルアー範囲 10.5~42g(3/8~1・1/2oz)  ライン範囲 12~25lb 
価格 77,000円(税別)

PAGE TOP

    詳細・特徴

  • ブランク
    ダイワテクノロジーとの融合により清水盛三のハイレベルな要求を具現化。トップガイド~#7ガイドまでをネジレに強い45°繊維「X45(エックスフォーティファイブ)」で補強。さらに、#7ガイドから下のバット部をツブレに強いハニカム構造の3軸織物「3DX(スリーディーエックス)」で補強。ロッドの調子を司るメイン素材と「X45」や「3DX」というテクノロジーの相乗効果により、パワーと軽さを両立。フッキング性能やリフティングパワーはもちろん、キャスト飛距離&アキュラシーや操作性が大きく向上。
  • ガイドシステム
    Fujiステンレスフレーム・ダブルフットガイド(SiCリング)による耐久性を重視した設定ながら、小口径化することで軽量化にも貢献。さらに、ティップ、ベリー、バット、それぞれのパートがその役割を最大限発揮できるように、テーパーデザイン、およびベンドカーブに合わせて最適な位置にオリジナルセッティング。
  • グリップ&リールシート
    グリッピング性能や操作性を重視し、細身で軽量なブランクタッチ方式のFuji ECSリールシートとコルク&セパレートタイプグリップの組み合わせを採用。グリップエンドには清水盛三プロデュースの証、メタリックレッド&シルバーのシナジー・オリジナルエンドプレートが装着されています。

PAGE TOP

製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339