2017.05.12 (金)

宮下靖矢 NBCチャプター福岡第2戦優勝! フラップクロー4インチで1,800gオーバーのキッカー

こんにちは。エバーグリーンフィールドスタッフの宮下靖矢(ミヤシタ セイヤ)です!

NBCチャプター福岡第2戦・遠賀川に参戦し、優勝することができましたのでご報告します!

今試合期間中の遠賀川は非常に厳しい状況でした。先々週に優勝したJB戦の時とは状況が大きく変化し、2週間で水温は14度台から18度後半まで上昇、バスは1番手強いポストスポーニング真っ最中な感じになっていました。

なので、2陣・3陣のプリスポーナーを狙うというよりは、フィーディングのためにシャローに上がってくるバスを狙っていくことにしました。

前日プラクティスでは、各エリアをイチから探り直しました。まずは最下流エリアをJB戦と照らし合わせながらやるも全くバイトが出ず早々に見切ることに。中流エリアもあまりパッとしなかったので見切り、上流エリアに狙いを絞ることにしました。

上流エリアを探っていくと、プラクティスで同船していただいていた今田さんのワイルドハンチ8フッターにキロ後半とキロオーバーのナイスフィッシュが2本ヒット。「明日はこのエリアしかない!」と確信。

また、その日の夕方から夜にかけて結構な量の雨が降り、流入量が上がりました。そういう時は河口堰の開け閉めが1日に何回かあるのですが、その影響で流れが出たらバスの喰いが上がるチャンスタイム。

なので、試合当日は、流れのチャンスタイムに合わせて、そのポイントの一番良い場所だけを素早くチェックして、バイトがなければすぐに小移動して次のポイントの一番良い場所だけをチェック! そんな小移動を繰り返すプランで臨むことに決めました。


ページトップ

■ 試合当日

そして試合当日、フライトは第3フライトと遅めとなりましたが、まずは狙いのエリアに入ることができ一安心。

この場所は、ウサギの耳のようにハンプが2個並んでおり、僕が狙ったのは外側の2.5メーターから1メートルくらいまで上がっている部分。ボトムに大きめの石がたくさん転がっているので、それにクランクを当ててリアクション的に誘うことを意識しました。

しかし、1番良いスポットには先行者がいたので、その少し下流からやっていくことに。少しすると先行者移動したので、すかさずそこに入り、ワイルドハンチ8フッターをキャストすること数分、待望のファーストフィッシュ! 慎重にやり取りをして無事にネットイン。推定700g位。これで一安心できました。

が、ここから先は苦しい展開に。そのあともキャストを続けますがバイトはなく小移動。次の場所は他の選手がマーカーまで入れていたのでさらに上流へ。シャローフラットを流していくものの全く反応がなく、流れが出だしたので、そのタイミングで一級ポイントを攻めるもノーバイト。なぜ??

まさかと思い下流エリアも見に行きやってみますが、やはり反応はなく、再び上流エリアへ。先程入れなかった場所を見に行くとまた違う選手がいましたが、近くで時間調整。その選手が移動した瞬間にその場所に入ることに成功! この時、終了時刻の1時間半前まで迫っていました。

この場所は、シャローフラットに杭やゴロタ石が絡む場所なので、まずは8フッターで杭やゴロタ石の入り方を再確認。そして、狙いを定めて喰わせのフラップクロー・チェリーリグを投入! 障害物一個一個を丁寧に、舐めるように引いてくると、「コツ……コツ」とバイト。一呼吸おいてフルフッキング。上がってきたのは1,800gはありそうなキッカーでした!

さらにもう一本と粘るも、残念ながらタイムアップ。2本・2,555gで終了。リミットが揃わなかったので優勝はないかと思っていましたが、結果、優勝することができました!

いつも僕を支えて下さる、家族や釣り仲間、そしてサポートメーカーさんへの感謝の気持ちでいっぱいです。これからも応援よろしくお願いします!!

■タックルデータ
ロッド:ファクト HFAC-70HST
ライン:バスザイル・マジックハードR 14lb
ルアー:フラップクロー 4インチ 5グラムチェリーリグ(E.G.タングステンバレットシンカー

ロッド:ヘラクレス HCSC-68MG オセロット
ライン:バスザイル・マジックハードR 12lb
ルアー:ワイルドハンチ8フッター


ページトップ

関連記事