2016.05.16 (月)

飯田秀明 利根川水系オカッパリ ラストエース75でスレバス連発!

エバーグリーンプロスタッフの飯田秀明です。

週末はもちろん、平日でもアングラーの姿が絶えない人気のフィールド、利根川水系のオカッパリでラストエース75が大活躍してくれています!

私がよく足を運ぶ利根川の流入河川は、実はメディア等でも度々紹介される人気のフィールド。人気のフィールドというと、聞こえ方はいいかもしれませんですが……言い方を変えれば、俗に言うハイプレッシャーリバーです。

先日もオカッパリに行ってみたんですが、ピーカンベタ凪で先行者も有り。さらに水の動きも無く、表層にバスがフラフラしている状態。ハードルアーやソフトルアーを、一通り投げても全く反応なし(汗)しまいには、ロッドを振る動作に反応して、沈んでいく始末……

そこで最後の切り札、ラストエース75のノーシンカーを距離をとって入れてみると、あっさりとバイトッ(驚)

また、別の日(GW期間中)でも、先行者の後を釣る状況になったので、最初からラストエースを投入!すると、グッドサイズから始まって短時間で4本!簡単なフィールドではないことは良くわかっているので、ラストエースの釣れっぷりに自分でもビックリッ!

ただ、そうは言ってもサイズが落ちてきた感があったので、フックセットを頭部のチョン掛けから背掛けに変更。移動距離を少なくするイメージで使ってみると……

朝イチのグッドサイズを超える魚が反応してくれましたよッ!!!

見た目のリアルさはもちろんですが、シェイクやトゥイッチしたときの艶かしさは、アングラーが感じるよりもバスの方が感じている!?かもですッ(笑)

ラストエース75、最後の切り札にとっておくのもイイですが、状況次第では最初から投入するのもありですね!!

■タックルデータ
ロッド:ライトキャバルリー CLCS-611LCLCS-70ML
ライン:バスザイル・マジックハードR 4~6lb
ルアー:ラストエース75 ノーシンカー、1.8~2.7gダウンショットリグ

Facebook:EG-E-PRO


ページトップ

関連記事