琵琶湖プロガイド達が
企画開発~フィールドテストに携わり
誕生したバスロッド
3本のフェイズを比較
1. 機種別比較
巻き物系ルアーの振動を手元で集中感知。常識を超える適合ルアー許容ウエイト範囲。ストレスフリーのキャスト能力と圧倒的巻き感度を有するムービングバーサタイル。
〈対応ルアー&リグ〉
●ブレーデットジグ ●スピナーベイト ●バイブレーション ●クランクベイト ●メタルバイブ ●メタルジグ ●ビッグトップウォーター ●ビッグクランクベイト ●クローラーベイト ●ビッグベイトetc…
ウィード、ボトムの感触が手に取るようにわかるスイミングジグスペシャル。かつ喰わせのワーミングからハードベイトの巻きの釣り、さらにはビッグプラグも余裕の許容範囲を誇るスーパーオールラウンダー。
〈対応ルアー&リグ〉
●スイミングジグ ●ブレーデッドジグ ●スピナーベイト  ●バイブレーション  ●クランクベイト ●中小型スイムベイト ●ビッグプラグ(ビッグトップウォーター、ビッグクランクベイト、クローラーベイト etc…) ●フリーリグ  ●テキサスリグ ●ヘビーダウンショットリグ ●ヘビーキャロライナリグ ●高比重ワームノーシンカー etc…
ジグ系~ビッグベイトまで。広範囲を探る攻めに突き抜けた、強さとしなやかさを併せ持つ、柔剛一体ヘビー級バーサタイル。
〈対応ルアー&リグ〉
●ガード付ジグ ●スイミングジグ ●テキサスリグ ●フリーリグ ●リーダーレスダウンショットリグ ●ヘビーキャロライナリグ ●ブレーデッドジグ ●スピナーベイト ●スイムベイト ●ビッグベイト etc…
2. 基本性能(3機種共通)
① ロングキャスト力
テイクバック時にルアーウエイトを乗せて簡単に曲げ込むことが可能。力まずに爆発的な飛距離を生み出すことができるため、広範囲を探れる。また、力を入れる必要のない分、体への負担が少なく終始キャスト精度が落ちにくい。
② ウィードに負けないティップ
ガチガチという意味でなく、力に応じてベリーから曲がり込むベンドカーブの中でティップ部を硬め(強め)に設定することで、ウィードからルアーを外しやすくなり、広く横方向にルアーを引いてくることができる。
③ 圧倒的な対応ルアーウエイト範囲
全身に粘りのある中低弾性カーボンを厚く巻き込み、さらにティップ~ベリー~バットに極端な硬さや張りの差が生じないクセのないテーパー設計を施すことで、同クラスの一般的なロッドと比べて使用ルアーの許容ウエイトがズバ抜けて広い。年々大型化するルアー(ビッグプラグやビッグベイト)にも範囲を広げ、1本で何役もこなす。
広範囲を横方向に探る釣り(=線の釣り)に適したセッティングが施され、かつ1本で使えるルアーウエイトの範囲が広い琵琶湖プロガイド企画開発のフェイズ3機種は、琵琶湖のボートだけでなくオカッパリにも適した特性を持ち合わせる。
【 オカッパリ → 探す釣り → 線の釣り 】
移動力、電子機器が無いため自らの足、ロッド、ルアーを使って水深やボトムの状況などを確認しながら魚の居場所を探し出すスタイル。1本のロッドで多くのルアーを扱わなければならないケースが多い。
【 ボートの釣り → 喰わす釣り → 点の釣り 】
魚を探すという動作をボート、魚探を駆使して行い、見つけたポイントを的確に射抜くスタイル。日本のトーナーメンターが企画開発してきたロッドはピンスポット攻略に特化している傾向が強い。
※ただし、琵琶湖のボートの釣りは他のフィールドと違い、点であるウィードが広い。そのためボートからでも線の釣りを展開する必要がある。なので、琵琶湖で企画開発されたロッドとオカッパリロッドに求められる機能は共通する部分が多い。
3. 特性別比較
① 巻き
ルアーの振動を感じながらリールを「巻く釣り」への適合度
② 操作
ロッド操作でルアーを思い通りに「操る釣り」への適合度
③ 乗せ
バイトを弾かず吸い込ませて「乗せる釣り」への適合度
④ 掛け
積極的にバイトを感じて「掛け貫く釣り」への適合度
「巻き&乗せの70MHR」
「オールラウンドの71M+」
「操作&掛けの72H」