ワンズバグ

ワンズバグ

攻める。圧倒する。盛三のシークレットポッパー。

“ポッパーは時として他のベイトを圧倒してしまうほどの爆発力を秘めている”。アメリカのビッグトーナメントを転戦する盛三は、ポッパーの凄さ、恐ろしさを嫌というほど経験してきました。そんな彼がポッパーに求めるノウハウとスキルを全てつぎ込んだ、渾身のポッパー「ワンズバグ」。“トップで釣りたい”からではなく、トップにしか反応しない魚を確実に仕留めるための“攻めのサーフェイスパターン”として、彼はこのポッパーを使います。テールを跳ね上げたボディデザインが空気抵抗を軽減し、逆風を切り裂き、広範囲を探るためのロングキャスト性能を実現。さらにウエイトのある、やや大きめなボディボリュームによりコントロール性能もアップ。ロングディスタンスで狙ったスポットを正確に攻略することができます。スピット、バブル、ポップと盛三がポッパーに求める3大要素を高次元で融合。その日の状況に合わせ、スピット、バブル、ポップの強弱が自由自在にコントロールできます。刻々と変化するコンディションにあわせ、その日に一番魚を寄せる泡、音で効率的かつ攻めのサーフェイスゲームを展開してください。移動距離の少ないターンアクションから、高速トゥイッチまで、多彩なアクションバリエーションを自在に繰り出せます。立ち木や岩盤の際などのピンスポットでスローなアクション、バックウォーターで追われたベイトを演出した高速アクションなど、ロッドワークに敏感に反応。さらにこのアクションに、このルアーならではの多彩な音と泡の組み合わせが、“ここはポッパー!”という状況下で確実な仕事をこなします。タングステン、ブラス、スチール、グラスの4種の異なる素材のラトルウエイトを装備し、それぞれが異なる周波数のサウンドを発します。このハイブリッドラトルサウンドが様々な状況下でも広く魚にアピールします。

全長 6.8cm 自重 9.8g
タイプ フローティング 潜行レンジ
推奨タックル Rod:ライト〜ミディアム5’9”〜6’6”ベイトロッド
Line:ナイロン10〜20lb.
リング(スナップ)サイズ 【ラインアイ】 EGワイドスナップ#1,【フックアイ】 フロント:#2・リア:#2
フックサイズ 【EGトレブルマジック】 フロント:#6・リア:#6
価格 1,600円(税別)

PAGE TOP

詳細・特徴

  • ボディデザイン
    テールを跳ね上げたボディデザインが空気抵抗を軽減し、逆風を切り裂き、広範囲を探るためのロングキャスト性能を実現。さらにウエイトのある、やや大きめなボディボリュームによりコントロール性能もアップ。ロングディスタンスで狙ったスポットを正確に攻略することができます。
  • ①シャープエッジカップ
    状況に合わせ、スピット、泡、ポップ音の強弱など、多彩なポップアクションを自在にコントロールできるシャープエッジデザイン。
  • ②ハイブリッドラトル
    タングステン、ブラス、スチール、グラスの4種の異なる素材のラトルウエイトを装備し、それぞれが異なる周波数のサウンドを発します。このハイブリッドラトルサウンドが様々な状況下でも広く魚にアピールします。 
  • ③トレブルマジック
    掛かりやすく、バレにくい。高強度トレブルフック、トレブルマジック#6標準装備。
  • ④トレブルマジックフェザー
    微量な水流でナチュラルにゆらめく「フェザー」&艶めかしい光を放ちアピールする「ティンセル」のハイバランスな組み合わせにより、ルアーを止めておくだけでも魚を魅惑。さらに、ショートバイト時の吸い込みをサポートし、フッキング率アップに貢献するトレブルマジックフェザー#6標準装備。

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 【動画】「EG going!」 Vol.34 小林知寛 池原ダム
    EG going! Vol.34は夏の池原ダム・トップウォーターゲーム。状況の変化に合わせてワンズバグ→シャワーブローズショーティーのローテーションで、次々とバスを水面に引き寄せ口を使わせる小林知寛のトップウォーターテクニックを紹介!
  • 小林知寛 高梁川をワンズバグで攻略!
    『The Hit』高梁川のレポートです。ロケではシャワーブローズ、ワンズバグ、ティンバーフラッシュで50cmクラスを5本とキャスティングジグ+キッカーバグで45cmをキャッチすることができました。最大はワンズバグで獲った54cmでした。
  • 大西流・3種+αのサーフェイスルアー使用法
    「今ってもう梅雨も明けたしトップにはなかなか出ないんじゃ?」って思われる方もいらっしゃると思いますが、実はまだまだ釣れます!
  • 【動画】「EG going!」 Vol.11 小林知寛・旭川ダム 番外編
    EG going!Vol.11『シャワーブローズ使用法・ボート編 & オカッパリ編』は見ていただけましたか? 前回はシャワーブローズオンリーの動画でしたが、実はボート編のロケでは他のルアーでもビッグフィッシュを釣っていたんです。
  • 【動画】「EG going!」 Vol.9 蛯原英夫・霞ヶ浦水系
    今回のテーマ 1.『ワンズバグのピッチング釣法』 (再生時間 11:18)2.『ストライクマスター77でのフリッピング&ピッチング』 (再生時間 05:52)3.『霞ヶ浦水系攻略術』 (再生時間 07:30)それぞれが独立した内容になっているので、お好きなところからご覧ください。
  • 荒釣れ!ワンズバグのピッチング釣法
    今まで獲りこぼしていた魚が獲れる、ワンズバグのピッチング釣法。まさに今が、この釣りのベストシーズンなので、やらない手はないですよ!
  • 大西健太、ワンズバグの低音アクションで50アップ!
    僕が今トップウォータープラグで最も信頼し、デカバスキャッチ率の高いルアーがワンズバグ。50アップはもちろん、ガイドでもゲストさんが50後半クラスのキャッチにも成功しています。
  • 清水盛三が語る「無限の可能性を秘めたルアー、ワンズバグ」
    まず僕にとってトップウォータールアーというカテゴリーはクランクベイト、スピナーベイト、ジグなんかと同じで、バスを獲るためになくてはならないもの。もちろんトーナメントでもバリバリ信頼して使っている。「トップで釣れたら楽しいな」とかいう次元の話ではない。トップにしか反応しないバスがおんねん!

PAGE TOP

製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339