2012.07.03 (火)

下敷領信也 キッカーバグのテキサスリグが大活躍

みなさんこんにちは。エバーグリーンプロスタッフ・リブレバスクラブプロガイドの下敷領信也(シモシキリョウ シンヤ)です。

今回は、琵琶湖で大活躍のEGプロデザインワーム・キッカーバグ 4.5インチについてレポートします。

今年は早春から天候が安定せず、水温の上昇が遅く、おまけにウィードの生育も遅く、例年と比べると厳しい状態が続いていた琵琶湖ですが、その状況の中、キッカーバグ 4.5インチのテキサスリグが大活躍し、数々のビッグバスを釣り上げることができました。

ゲストの方にも60upが出たりと、かなりの好釣果をたたき出すことができました。

主に狙ったエリアは、プリスポーン・スポーン・ポストスポーン の様々な状態のバスが狙えるやや沖目の浚渫エリア。水深は2.5~4mで、浚渫のブレイクとその上にあるフラットエリアを狙いました。

フラットエリアはハードボトムが絡み、おそらく、このフラットエリアで産卵しているであろうスポットです。ちょうどゴールデンウィーク明けに、このスポットにバスが入ってきたような感じでした。

アクションは「ズル引き&ステイ」で、じっくりと狙っていくと50upが出ます。

スポーニングに絡む魚を狙う際に重要なことは、動かしすぎないこと。つまりステイが大事になります。

そのステイの際に、キッカーバグの各パーツが生み出すなんともいえない独特のアクションがデカバスを魅了するのだと思います。


ページトップ

■ 琵琶湖 今年のアタリカラーは・・・

カラーですが、この春の琵琶湖は水が濁り気味だったことも影響していると思いますが、シルエットがはっきり出る濃いめのカラーが良かったですね。

多用したのは、グリーンパンプキン・BK(#01)ジュンバグ/ブラウンクロー(#05)ブラック/レッドクロー(#08)でした。

その中でも特に良かったのは、ジュンバグ/ブラウンクロー(#05)。僕の考えでは、シルエットがはっきりしやすい濃いめのカラーとお腹側の茶赤系のアピールカラーの組み合わせが効いたのかな?と思っています。

先日僕のブログでもこのカラーを紹介したのですが、ゲストの方や知り合いからは「あのカラーないで~」という声を聞きました。関西・中部地方では店頭から在庫がなくなっているようなので、もし見かけたら即買い!ですね (笑)


ページトップ

■ キッカーバグのテキサスリグ用タックル

僕がこのテキサスリグでメインに使っているロッドは、ヘラクレス ・ブルーマイスター。長すぎず、短すぎず操作しやすい6フィート7インチというレングスで、またこの釣りで重要な「感度」も申し分ありません。

特にハードボトムでは、ボトムの「コリコリ」を感じ、そこでワームを止めてあげることがバイトに繋がるので、このロッドが合っていると思います。

ラインはバスザイル・マジックハードRの14lb。ウィードが少ないスポッ トだと12lbでもいいのですが、狙っているスポットはどんどんウィードが成長していたので、14lbをセレクト。

今年の琵琶湖は季節の進行が遅い感じなので、ポストスポーンのバスにも効く、このキッカーバグ 4.5インチ・テキサスリグのズル引き&ステイパターンはまだまだ使えると思います。ぜひみなさんもビッグバスをゲットしてくださいね。
■タックルデータ
ロッド:ヘラクレス HCSC-67MH ブルーマイスター
ライン:バスザイル・マジックハードR 14lb
ワーム:キッカーバグ 4.5インチ 3/16~1/4ozテキサスリグ

ガイド予約:下敷領信也の琵琶湖ガイド「リブレバスクラブ」
釣果情報:オフィシャルブログ「下敷領のええやん」


ページトップ

関連記事