HFAC-65M  

 

  • コンセプト
投げる、巻く、獲る、基本動作を超高次元で。さらなるバイトを誘発する感じて操る能力。
福島流テクニカルな巻き物ロッド。

 

得意のサイトフィッシング、フィネスフィッシングを駆使して数々のトーナメントを制してきた福島健。その一方で、「巻きの釣り」で勝ち取った優勝の経験を持ち、また、プラクティスでは巻きの釣りで素早く状況を判断、試合ではその情報を元にフィネスで結果を出すという展開を得意とする、フィネスのみならず巻きの釣りにも造詣が深いトップトーナメンターです。そんな福島が釣り勝つためにつくりあげたテクニカルな巻きのロッドがファクト65M。

投げる、巻く、ルアーの振動を感じる、操る、フッキングからバラさずランディングするまでの動作を超高次元でこなすために、ファクト・ソリッドティップ・フィネスロッドとは違った理論で組み上げられた、オールチューブラー・レギュラーテーパーミディアムアクション。そして、巻き物の特徴であるリアクションバイトを効果的に誘発するために、積極的に仕掛けの操作ができる6フィート5インチ。その65Mというバスロッドとして一見ありふれたスペックの中に、そのスペックを超越した福島の世界観が込められています。

ブランクメイン素材にレジン量が多めのカーボンを採用することで生み出される湿ったフィーリング。「感じるけど感じすぎない」という絶妙な感覚を手に入れ、ラインを張った状態で釣る巻きの釣りにおいて、いわゆる高感度ロッドを使用した際に発生しがちな、感じることでつい体が反応してしまい「乗らない」「浅掛かり」というトラブルを抑制。

そのうえ、ブランク全体をティップとして捉えるという独自の理論に基づき設計されたオールチューブラー・レギュラーテーパーブランクとの組み合わせにより、ティップだけでなくロッド全体が振動することから、ルアーの動きを感じるポイントがより手元付近(リール側)に。「ティップではなく手元で感じる」ことで、感じすぎないながらも、振動の強弱の変化や乱れを捉えやすくなり、操作して仕掛けるタイミングを計ることができます。

そして、巻きの釣りにおいて多発する、ルアーがボトムや障害物、水中のゴミ等、何かに引っ掛かるというわずらわしい現象をバイトチャンスに変えるためのハイバランス6フィート5インチ。感じて瞬時にロッドワークでかわす、ロッドで弾いてスピード変化を加えるといった操作も自由自在。巻きのルアーが持つリアクションバイト誘発力を、ロッドの性能がさらに高めてくれます。

スピナーベイト、ブレーデットジグ、シャロークランクベイト等の巻き物やトップウォーター、ジャークベイト、さらにはラストエース168のような操作系ルアーまで。投げる、巻く、感じる、操る、獲る……巻きの釣りで必要とされるすべての動作を超高次元で行なうための福島流テクニカルな巻きのロッド、それがファクト65Mです。

〈対応ルアー&リグ〉
スピナーベイト・バズベイト / ブレーデッドジグ / シャッド / 中型スイムベイト / シャロー~ミドルクランクベイト etc…


■福島健インタビュー
「福島流クランキング(巻きの釣り)論 &ファクト巻き物ロッド解説」詳しくはコチラ



全長 1.97m  継数
標準自重 118g  パワー ミディアム 
ルアー範囲 7~21g(1/4~3/4oz)  ライン範囲 8~16lb 
価格 52,000円(税別)

PAGE TOP

    詳細・特徴

  • ブランク
    ロッド全体を使ったロングキャスト性能を高め、巻き物系ルアーの振動を手元で感じる継目のないレギュラーテーパー・オールチューブラー構造を採用。

    巻き物ロッドに最適な感じすぎない適度な感度(=湿ったフィーリング)を実現するためメイン素材にはレジン量の多めの中弾性カーボンシートを採用。さらに、アンサンドフィニッシュを採用せず、ブランク表面を塗装することで福島理想の湿ったフィーリングを実現。

    バット部を高弾性50tカーボンでアシストすると共に、グリップ周りを4軸ヘラクレスクロスで補強。ルアーにキレのあるアクションを与えるための適度な張りと剛性を確保。
  • ガイドシステム
    全ガイドにSiCリング・ステンレスフレーム・シングルフットのFuji Kガイドを採用。ガイドフットによるベンドカーブへの干渉を最小限に抑えるブランク本来の性能を引き出すセッティング。

    また、ティップ側に一般的なセッティングと比べて大きめの口径のガイドを採用。キャスティング時にガイドの重さを利用してロッドをしなりやすくすると同時に、1日中ストレスなく巻きの動作を行うことが可能な水平よりやや下向きに自然とホールドできるバランスに貢献。
  • フォアグリップ
    フォアグリップを排除するだけでなく、リールシートのスクリューナットもショート化し軽量化。
  • グリップ&リールシート
    操作性&機能性にこだわったセパレートグリップは、フォアとのバランスを考慮し、スリムでコンパクトなFuji ECSリールシート、センターグリップに感度重視のコルク素材、リアグリップに耐久性重視のEVA素材を採用。さらに、セパレート部は無塗装アンサンドフィニッシュで徹底的に軽量化。

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 【福島健ブログ】FACT 65M
    FACT 65M発売。FACTでは初のチューブラーロッド。 「一言で言えばテクニカルな巻きロッド」です。
※製品の価格、仕様などは、予告なく変更となる場合があります。
※製品の画像は、お使いのモニターにより実際の色調とは異なる場合があります。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339