NEWSPRS-83H-T マイティハンツマン

マイティハンツマン

  • コンセプト
最強のパワー、爆発的な遠投性能。

マイティハンツマン

これまでソルティセンセーション最強パワーモデルだったロッキーハンツマンをベースにさらなる性能を追求した新たな最強、スペリオル・マイティハンツマン。

ブランクス全体の強靭な反発力をさらに強化することで、バイトに対する瞬間的なフックセット性能、魚の頭をコントロールし主導権を渡さないファイト性能を高め、より確実に掛けられる、より確実に獲れる最強のパワーを追求。

また、反発力の強化に併せてグリップ長を一握り分延長することで、リグを高速で弾き出し爆発的な飛距離を叩き出すロングキャスト性能を高め、同時にキャストウェイトの上限を拡張。超重量級リグを用いたライトゲーム未踏ゾーン攻略までも射程内に収めました。

それでいて、高強度・高弾性率炭素繊維『トレカ®T1100G』、よりハイテーパーなブランクス設計、超軽量ガイド&グリップセッティングの採用により、ロッキーハンツマンを超える軽量性を実現。

複雑に入り組んだ岩礁帯や高密度ウィードエリアの大型メバルをガチンコファイトで仕留める用途や、遠距離・ディープ・激流の大型アジを重量級リグで狙撃する用途に最適です。


プロスタッフインプレッション
超大型メバルやこれまで攻めきれなかったシチュエーションへの挑戦。
大型メバルを追求されている方なら誰もが、根に張り付かれたり、海藻に潜られたりすることによるバラシを経験されたことがあると思います。
私自身、ソルティセンセーション・ロッキーハンツマンを使うことでそれ以前よりもかなり大型メバルを獲りやすくなったと感じていましたが、それでもまだ獲りきれない超大型メバルや、ドシャローの磯・ジャングルのような藻場といった攻めきれないポイントに出会い、悔しい思いをすることがありました。
「あの悔しいバラシをなくしたい!」そんな想いから生まれたのが、このマイティハンツマンです。
ロッキーハンツマンよりもさらに強い張りを持たせることで大型メバルとのファイトに明らかな余裕が生まれ、この余裕のおかげで、現在私が目標としている35cmオーバーの超大型メバルや、これまで攻めきれなかったシチュエーションに出会った時にも、一切の不安や迷いなくガチ勝負を挑むことができると確信しています。
また、張りが強くなったことでキャスト時にリグを弾き出すスピードが上がり、飛距離が伸びました。私が大型メバルハンティングで最も多用する3.5gジグヘッドリグ+2.5インチシャッドテールをキャストすると、これまでは着水からピックアップまでハンドル48~50回転程でしたが、マイティハンツマンだとハンドル60回転程にアップ。
私のリールはハンドル一回転90cmなので、約10mの飛距離アップ!大型メバルハンティングでは竿抜けスポットを攻めることが結果に直結するので、このメリットは絶大です。


フロートゲームに圧倒的アドバンテージをもたらす究極のレスポンス。
マイティハンツマンは重量級フロートゲームに圧倒的なアドバンテージをもたらすロッドです。そのアドバンテージとは究極のレスポンス。
80m以上沖にいるアジやメバルを狙うことも少なくない重量級フロートゲームでは、必然的に風や流れの影響をラインに受けながら釣りをすることになります。
そんな中で、リグを細やかに操作して喰わせたり、アタリを感じた瞬間にコンパクトなフッキングで掛けたりするためには、使い手の入力をロスなく伝達する強い張りを持つロッド=レスポンスが良いロッドが必要で、そのレスポンスが究極に高いのがマイティハンツマン。
ロッキーハンツマンをベースにさらに張りを強めると同時に、各部の贅肉を削り込んで約4g軽量化することで、ロッドのしなやかさやブレによる入力のロスを極限まで排除&ロッド操作の精度やフッキングの反射スピードが向上。
まるで近距離でジグヘッド単体を操作するようにフロートの先のジグヘッドを細やかに操作でき、激渋ショートバイトや風・流れの影響が大きい時でも上顎の壊れにくい部分にフッキングがビシバシ決まる究極のレスポンスを手に入れました。


メバル・アジはもちろん、様々な魚種がターゲットに。
マイティハンツマンは、ロッキーハンツマンをベースに、軽さと硬さを同時にアップさせたモデルです。それにより、気持ちよく扱えるルアー範囲の下限はそのままに上限がアップ!つまり、対応できる釣りの範囲が広くなりました。(ルアーウェイト:1.5~30g ライン:PE0.4~0.8号)
ジグヘッドリグでの大型メバル攻略、キャロライナリグなどの重量級リグでの良型アジ・イサキの攻略が最高にやりやすいことはもちろん、それ以外にもライトゲームの枠にとらわれない様々な魚種をターゲットにした釣りで活躍する3度も4度も美味しいロッドに仕上がっていますよ。
以下に使い方の例をご紹介するので、よかったら参考にしてくださいね。
【メバル】
複雑に入り組んだ磯場や密度の高い藻場をジグヘッドリグで。

【アジ・イサキ】
流れが速いポイントや足元から水深20mを超える深いポイントをキャロライナリグで。

【シーバス・ヒラメ・マゴチ】
小場所をメインにプラグやジグヘッドリグで。

【青物】
小~中型青物をライトショアジギングで。

【カサゴ・キジハタ・アカハタ・オオモンハタ】
テキサスリグによるボトム攻めやジグヘッドリグのスイミングで。

【アオリイカ・ケンサキイカ】
エギングで。



全長 2.51m  継数
標準自重 83g  パワー ヘヴィ 
ルアー範囲 1.5~30g  ライン範囲 PE0.4~0.8号(MF3~6lb) 
価格 64,000円(税別)

PAGE TOP

    詳細・特徴

  • ■ ブランク
    とりわけショートバイトやボトムの質感を「ビリビリ」と掌に伝達する反響感度に優れたフルチューブラー構造を採用。

    感度・操作性を損なうことなく、瞬間的なフックセット能力、魚の頭をコントロールするファイト性能、爆発的な飛距離を叩き出すロングキャスト性能を実現するため、ティップ~センターには高強度・高弾性率炭素繊維『トレカ®T1100G』に『ナノアロイ®技術』を適用した33トンカーボンをメイン素材としてふんだんに使用し、自重を超軽量に仕上げながらも反発力をさらに強化。

    さらに、ティップの反発力を100%活かすため、センター~バットには40トンカーボン、46トンカーボンというより高弾性なカーボン素材をメイン素材として使用し、同時にバット径を大胆に太くするハイテーパー設計を採用することで、さらなる軽量化とさらなる反発力の強化を実現。

    そして、グリップエンド〜バットを最軽量4軸組布・スーパーライトクワトロクロスで補強。重量増を最小限に、剛性を高め、さらなるリフトポテンシャルを追求。

    ブランクスの持つ感度を最大限活かすため、ワインディングチェック部の飾り巻きを排除、バットロゴ部以外すべて無塗装アンサンドフィニッシュ。
  • ■ ガイドシステム
    同サイズのSiCリングガイドと比較して、リングの薄さゆえに内径が広く、リング表面の特性上ラインの滑りが向上したチタンフレームトルザイトリングガイドを積極的に採用することで、飛距離を一切犠牲にすることなく従来よりも1クラスガイドサイズをダウン。

    ラインに角度が付きやすいトップガイドにはリング断面形状がなだらかなためラインに急激な角度が付きにくいチタンフレームSiCリングKGガイド(T-KGST-3.5)、ティップからベリーにかけてはトルザイトリングKTガイド(T-KTTG 3.5、3.5、3.5、3.5、3.5、4.5)、KTガイドと元ガイドの高低差を少なくするトルザイトリングKLガイド(T-KLTG7L)、元ガイドにはトルザイトリング ATガイド(T-ATTG16)を採用。

    さらに、各ガイドスレッドの巻き量・コーティング量を極力抑え、トップガイドはあえてスレッドを巻かず段差を取る処理のみとした、徹底的な超軽量・超高感度セッティング。
  • ■ ジョイント
    スムーズなベンドカーブと軽量化にこだわり、必要最小限の長さに設定したプットオーバージョイントを採用。
  • ■ グリップデザイン
    クワトロクロスカーボンスリーブのみの超軽量フォアグリップ。
  • 敏感な掌付け根部分への接触面の大きさゆえに感度伝達に極めて優れ、異物感のない持ち心地で集中力を持続、ファイト時にはしっかりと握り込める、Fuji IPSリールシート+超小型EVAセンターグリップ。

    EVAエンドグリップは、エンドの重量物が原因で起こるリグ操作時のブレを排除するため、キャストに必要な取っ掛かりのみ残し最小限・最軽量にデザイン。センター・エンド共に、EVAサイズを用途に応じ最適化したこだわりのセッティング。
  • グリップエンドには、超軽量タイプのスペリオルオリジナルエンドプレートを装着。
  • ■ グリップ長

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP




※製品の価格、仕様などは、予告なく変更となる場合があります。
※製品の画像は、お使いのモニターにより実際の色調とは異なる場合があります。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339