2014.06.11 (水)

小島貴 W.B.S.第2戦 霞ヶ浦 
シャローのシェードカバー撃ち、ダブルモーションのゼロダンで勝負

エバーグリーンフィールドスタッフの小島 貴です。

5月17、18日に霞ヶ浦で行われたW.B.S.2ndで2日目7kgオーバーの自己最高ウエイトを出すことができました。

【プラクティス】
外せない2days。土浦スタートということで得意の西浦を中心にプラクティスをしました。しかし、西浦の流入河川は代掻きの濁りがなかなか取れずに魚からの反応がありませんでした。西浦の本湖も流入河川からの影響がかなりありましたが、場所によっては濁りの少ないところもあり、そういった場所ではポロポロといい魚は獲れていました。

【初日】
初日はフライト順が遅かったので、プラクティスの状況から判断してファーストポイントを西浦の浚渫に選びました。到着後、狙い通りすぐ魚を掛けたのですがバラしてしまい、その後反応がなくなってしまいました。そこから、西浦をランガンしますが、西浦全域に濁りが蔓延していてバイトすらありません。

そこで東浦へ。西浦よりもあきらかに水色が良く、東浦流入河川で魚を掛けるもまたバラし。東浦本湖のシャローでいい魚を掛けるもまたまたバラし……リズムにのれないまま痛恨のゼロで初日を終えました。帰着してみればビッグウェイトの乱打戦。大きく出遅れたことに心が折れかけました。

【2日目】
2日目はスタート順が早かったので、とりあえずは初日朝イチに入った浚渫に行きました。しかし、魚からの反応はなく、すぐに前日いい魚をバラした東浦のシャローエリアへ。ダブルモーションの7gゼロダンで到着後いきなりのBIG BITE!50cmはありそうな魚にヘラクレス・エアリーフリップがバットまで絞り込まれました。船ベリまで寄せて、後はランディング……というところで何とフックアウト!

頭の中真っ白になりながらも無言で釣り再開。すぐにキロアップを同じエリアで同じ釣り方で獲ることができました。その魚で「今日は魚が浅い。陽射しも魚には強すぎる」と判断。シャローのシェードのカバー撃ち、ダブルモーションのゼロダンで勝負しようと決意し、似たような場所を探し撃ちまくりました。

これがハマりました!あっと言う間にリミットメイク!しかも全ての魚がキロアップ!!

その後も釣れるのですが入れ替えならず。そして帰着、ウェイイン。なんと7,140gという自己最高のビッグウエイトでした!初日のゼロが悔やまれますが2日目はトップウエイトで、大外しできない2daysを10位で終了することができました。

初日終了後に仲間達からの励ましの連絡がたくさんありました!たくさんのサポートしてくださる方々や、応援してくれる仲間のおかげで、2日目朝イチにBIG BITEを逃した後も、折れかけた心を繋ぐことができました。本当にありがとうございました!!

これからも最後まで諦めずに、最高のパフォーマンスを皆様に「魅」せられる様に努力していきますので、今後とも応援よろしくお願いします!

最後に今回大活躍のタックル達を紹介します。
■ロッド >> ヘラクレス HSC-75H エアリーフリップ
7フィート5インチというロングロッドながらも、ピッチング、フリッピングする時に繊細なティップが小さな動作でルアーを運んでくれる!
■ライン >> バスザイル・マジックハードR 14lb
しなやかでとにかく強い。カバーゲームにも自信を持って使える!
■ルアー >> ダブルモーション
今回は全ての魚をダブルモーション&ゼロダン7gの組み合わせで獲りました。カバーの中にスルっと入り、ダブルモーションのアームとヒゲがカバーの中でハイアピール!
みなさんありがとうございましたっ!
■タックルデータ
ロッド:ヘラクレス HSC-75H エアリーフリップ
ライン:バスザイル・マジックハードR 14lb
ルアー:ダブルモーション 7gゼロダン

Facebook:EG-E-PRO


ページトップ

関連記事