2014.01.15 (水)

椎谷勝義 2014年初釣りレポート
冬でもシャロークランクベイトが活躍!

こんにちは。エバーグリーン・プロスタッフの椎谷勝義(シイヤ カツヨシ)です。
1月2日房総半島の河川にて2014年の初バスをコンバットクランク60でキャッチしましたのでご報告いたします。

年明けは1月とは思えないほどの暖かさで、フィールドの水温も例年より若干高めで8℃~9℃前後。水質はクリアながら低水温時期特有のジンクリアではなく、透明度は少し低めの状態でした。さらに、元日に吹き荒れた強風のなごりが釣行当日もあったので、ハードルアーのローテーションでバスからの反応を探ってみることにしました。

このフィールドの最深部があるテトラエリアからチェックを開始。まずはテトラから距離を取り、シチュエーションに合わせてジャークベイトからディープクランクを駆使して、水深4~5mのボトムに点在しているテトラを意識して探ってみましたがノーバイト。

陽が上がる9時頃には暖かさも感じられ、早朝から水温が高めだったこともあり、早々にショア寄りをチェックしてみることにしました。テトラが沈むブレイク付近をコンバットクランク120コンバットクランク250で流しつつ、水面近くまで積まれたテトラに対してはコンバットクランク60を投入していくと・・・

コンバットクランク60にビッグバイト! 50cm・2100gをキャッチすることができました!

カラーにビッグバイトチャートN(#N602)を選択しルアーを目視しながらシャローに点在しているテトラの間をスローリトリーブしていると水面に近いテトラを通り過ぎた所で突然ルアーが視界から消え、唖然。バスが反転したことでようやくバイトだと気付きました(笑)

ファストリトリーブでハマることが多いコンバットクランク60ですが、スローリトリーブ時にはワイドウォブルが強く出て、カバー際などプロダクティブゾーンの狭いスポットを強い波動で効率よく探れることを再認識。

低水温時期でもコンバットクランク60の出番が増えそうです!

 

■タックルデータ
ルアー:コンバットクランク60
ライン:バスザイル・マジックハードR 12lb

ページトップ

関連記事

  • 【動画】「EG going!」 Vol.31 福島健 旧吉野川
    『 コンバットクランク60 超速巻きテクニック編 』 福島健のスーパーテクニックが炸裂! コンバットクランク60を巧みに操り、低活性のポストスポーンバスのリアク ...
  • ブレットハイト FLWツアー 第1戦 優勝
    エバーグリーンUSプロスタッフのブレットハイトが2月6日~9日の4日間にわたりフロリダ州レイクオキチョビで行われたFLWツアー第一戦で優勝。   初日 ...