2012.05.20 (日)

中島央憲 春メバル釣行レポート

こんにちは。エバーグリーン・ライトゲームプロスタッフの中島央憲(ナカシマ ヒサノリ)です。

3月末になると、地元である大分県北部のメバルは数釣りを楽しめる様になります。そして、5月の連休を境にして数釣りが下火になり地元でメバリングをする人は減りますが、ポイント次第では型を出せるシーズンになります。

春はストレス発散には持ってこいのメバリングシーズンで、そんな地元の釣り場に連休の前と後にいってきましたので、それぞれ報告します。

■ 連休前の釣行

周囲が薄暗くなる頃にポイントに到着した私は、夕マズメの高活性なメバルを釣り上げる先行した友人を見ながら準備を終えて釣りを開始しました。

友人が言うにはトップルアーをアクション後にステイさせていると良型がくると言っており、私も試しにフローティングペンシルから始めました。が、どうもフッキング率が悪く友人に比べて当たる頻度も少なめです。釣れるメバルも随分小さく、本当にトップなのかと少々疑問に感じました。

そこで、シャッドを投げてレンジを下げた後の浮き上がりでの捕食を期待しましたが、こちらも反応は良くありません。さらにシンキングルアーへ変更すると、若干ですがヒット率が上がり始めました。しかし、再びフローティングに戻すと反応は相変わらず良くありません。

もしかして・・・と思いダート系ジグヘッドの2gを使い、ボトムからの跳ね上げ後にフォールを入れると一発で23cmの良型がヒットしました。

その後も同様のパターンで連続ヒットするので、トップでボコボコは友人の勘違いなのではないかと思い使用しているルアーを確認させてもらいました。すると、あろうことか友人がトップルアーと信じて投げていたルアーは「ファストシンキング」だったのです(笑)。

トップで高反応というのは完全に友人の思い込みだったのです。しかし、この勘違いが大当たりだったのか、友人もメバルにチヌ、シーバスまで様々な魚種を仕留めておりました。

この日のメバルはボトム近辺での速いフォールに反応が良く、他の釣り方と比べてかなりの差が出ました。後日、同じ釣り場へ行った際も上記同様の釣り方に反応が良かったです。

【ソルティセンセーション・リンバーティップ解説】

メインで使用したロッド、ソルティセンセーション・リンバーティップは、6フィート台と長すぎないレングスで適度なしなやかさもあり軽量ジグヘッドから小型ハードルアーまで幅広くストレスなく扱えるロッドです。その特徴は、

軽量ルアーを使う際は、繊細なソリッドティップとショートレングスにより、水中の変化を感じ易くしてくれるメリットも重要。
トップ系のハードルアーを扱う際はガチガチ過ぎず、ルアーをしっかり動かせるので重宝する。
魚が掛かった際も追従性の良さでフックアウトの心配が少なく、ファイトに集中し易くなる。



ソルティセンセーションシリーズの中で最もパワーが無さそうに思われるロッドですが、パワーが全てではありません。ロッド全体を活かした使い方ができるので、それを使いこなすことが重要であると認識させられる1本です。


ページトップ

■ 連休後の釣行

中部や南部へ狙いに行く方が多くなり、色んな場所が打ち放題になったガラ空きの地元の釣り場に良型狙いで行ってきました。

干潮で明るいうちに釣り場へ到着し、狙うポイントを確認しました。そして、夕マズメからしばらくの間は他の場所で釣りをして、満潮まで2時間となった所で予定のポイントへ入りました。

まずはいつものソルティセンセーション・リンバーティップにジグヘッド単体で探ると、狙い通り1投目から良型がヒット。しかし、目の前の根に入られラインブレイク。釣り場の環境を考えると、長さとよりパワーのあるロッドの方が確実と判断し、フロートリグがセットされたソルティセンセーション・ライトタフにタックルチェンジ。

そして探ると、20~23cmとまずますの型が連発。しかし、それ以上サイズが上がらないので場所が違っていると考え、流し方を変えた時に良型がヒット。今度は一気に寄せて抜き上げ、良型メバルを手にすることが出来ました。早速サイズを測ると27cmと私にしては上出来な1匹となりました。

急いで同行者の元へ行き、良型が出た場所へ一緒に入ることにしましたが、満潮に近づき潮の流れが無くなり、ポイントはほぼ沈黙した状態になってしまいました。

次の時合いは、下げに入り1時間が経過しようとした辺りから始まりました。ここで私に26cmがヒット。無事に撮影も完了した所で同行者にポイントを譲りました。

フロートリグは初めて使用するらしく、簡単に使い方や流し方、流す場所を説明して釣ってもらうと早速良型がヒット。時合いを逃さず26㎝2本と25cm1本を釣り、上出来の結果となりました。この時合いが過ぎた時点で良型のヒットは無くなり、20㎝前後のメバルが続いて終了としました。

他地域へ遠征するのも良いですが、地元でいかに出すか考えて実行することの大切さを認識できた釣行でした。地元なら数通えるので、データ収集やスキルアップに繋げたいと思います。
■タックルデータ
ロッド:ソルティセンセーション PSSS-610S リンバーティップ
ルアー:ジグヘッド単体、ハードルアー各種
ライン:PE0.3号
リーダー:バスザイル・マジックハードR 5lb、4lb

ロッド:ソルティセンセーション PSSS-78T ライトタフ
ルアー:フロートリグ+ジグヘッド
ライン:PE0.6号
リーダー:バスザイル・マジックハードR 12lb、8lb


ページトップ

関連記事