E.G.タングステンバレットシンカー

E.G.タングステンバレットシンカー

清水盛三のこだわり。世界最高のハイパフォーマンスシンカー。
熾烈極まるアメリカのトップトーナメントをツアーする清水盛三が戦略の柱とする撃つ釣り。テキサスリグをカバーに撃ち込んでビッグバスを引きずり出すという一見ダイナミックな盛三スタイルのその裏に、実は計算された緻密さが隠されているのです。盛三が道具に求める、細部にまでわたる深いこだわりがそれを物語ります。

「世界最高の舞台で戦うためには絶対的に信頼できるものしか使えない」と語る盛三が最高のパフォーマンスを発揮するためにつくりあげたシンカー。テキサスリグを知り尽くした盛三のこだわりがカタチに、それがE.G.タングステンバレットシンカーです。


【1】ワームとの一体感を生むノットホルダー
シンカー内部にラインの結び目が収まるようにノットホルダーを設計。わざわざノットをワームの中に埋め込むといった面倒な手間を掛けることなく、ワームとシンカーをきれいに一体化させることができます。カバーをすり抜けやすくなるのはもちろん、素早くかつ美しくセットできることで、そのルアー(リグ)への信頼度が格段にアップ。特に結び目が大きくなりがちなヘビーラインにおいての効果は絶大です。
【2】全ウェイト共通の太径パイプ
全ウェイトに共通の太径パイプを採用。一般的にウェイトが軽くなるほど細くなるパイプ径を、全ウェイト太径で統一したことで、「軽いシンカーに太いラインを通しにくい」「小さな穴にPEラインを通しにくい」というストレスを軽減しました。アシ際やブッシュカバーにワームをスローフォールさせる、ウィードフラットでウィードの上にワームを乗せる、ビッグワームを中層でスイミングさせる等のヘビーラインやPEラインでのライトテキサスにもしっかり対応。幅広い適応能力を持つテキサスリグの領域が、さらに広がりました。
【3】ラインブレイクのリスクを軽減するラウンドエッジ高強度パイプ
耐久性が高い高強度素材のパイプを採用、パイプ割れによるラインブレイクを防ぎます。また、最もラインが擦れるパイプの先端に熱処理を施してなだらかな形状にすることでラインへのダメージを緩和。ライトライン使用時やフリッピング&ピッチングなどの近距離戦での強烈なアワセによるラインブレイクのリスクを軽減します。
■ 幅広い状況に対応可能な10サイズをラインナップ
2.6g~21gまでの範囲に10種類のウェイトをラインナップ。水深、風の強さ、カバーの種類や量、ボトムマテリアルや地形変化、さらにはバスの状態に合わせたフォールスピードの調整等、状況に応じて細かく使い分けることで釣果に大きな差を生み出します。一般的に使用頻度の高い5gと7gの間に6gを設定し、より細かい調整を可能にしました。
■ 便利なウェイト(g)刻印
シンカー側面にウェイト(g)を刻印、パッケージから出してケースに保管した状態でも使いたいウェイトをすばやく取り出すことができます。また、釣果アップのためには、状況に応じた細かいウェイトチェンジがキーとなるテキサスリグの釣りにおいて、スムーズなローテーションを行なうためにも便利な表記です。



■入り数
2.6g:5個入  3.5g:5個入  5.0g:4個入  6.0g:3個入
7.0g:3個入  8.8g:3個入  10.5g:3個入  14.0g:2個入
17.5g:2個入  21.0g:2個入

■2.6g
サイズ 2.6g
価格 700円(税別)
■3.5g
サイズ 3.5g
価格 800円(税別)
■5.0g
サイズ 5.0g
価格 850円(税別)
■6.0g
サイズ 6.0g
価格 800円(税別)
■7.0g
サイズ 7.0g
価格 800円(税別)
■8.8g
サイズ 8.8g
価格 900円(税別)
■10.5g
サイズ 10.5g
価格 1,050円(税別)
■14.0g
サイズ 14.0g
価格 900円(税別)
■17.5g
サイズ 17.5g
価格 1,100円(税別)
■21.0g
サイズ 21.0g
価格 1,250円(税別)

PAGE TOP

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 清水盛三が語る バスマスターエリートシリーズ第8戦
    夏のウィードフラットはキャスティング・テキサスリグで勝負
    2014年8月21~24日にニューヨーク州カユーガレイクで開催されたバスマスターエリートシリーズ第8戦。清水盛三にとって、年間ランキング50位までに与えられる2014年シーズン最終戦への出場権を掛けた大事な1戦となったこの試合。琵琶湖を彷彿させる夏のナチュラルレイクに挑んだその戦いを振り返ります。
  • 清水盛三が語る バスマスターエリートシリーズ第7戦
    夏の激タフ&超難解タイダルリバーを攻略し上位入賞
    2014年8月7~10日にペンシルベニア州とニュージャージー州の間を流れるデラウェアリバーで開催されたバスマスターエリートシリーズ第7戦で15位入賞を果たした清水盛三。 いまだかつて経験したことがないほどの激しい潮位変化に悩まされながらも、初日の結果は2位。優勝を狙えるポジションからのスタートを切ったものの……難易度スーパー特Aクラスのフィールド、デラウェアリバーでの戦いを清水盛三が振り返ります。
  • 清水盛三が語る テキサスリグへのこだわり
    日本、アメリカ、取材、試合・・・あらゆる場面でバスフィッシングの王道スタイル「巻く釣り」&「撃つ釣り」を戦略の中心に据え、勝負し続ける清水盛三。2013年、50アップを連発した『Burning Heart』淀川ロケ、ビッグウェイトを叩き出したバスマスターエリートシリーズ・ファルコンレイク戦では「撃つ釣り」がメインに。「撃つ釣りの主力はテキサスリグ」と語るモリゾーが、そのこだわりを紹介します。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339