HCSC-72MH EGスイミング

EGスイミング

  • コンセプト
琵琶湖が生んだスイミングスタイル特化型ロッド、EGスイミング。

EGスイミング

琵琶湖で超定番となったフットボールジグにシャッドテールをセットして中層を泳がすスイミングラバージグや、スピナーベイトでは通しづらいウィードの中にテキサスリグを通すスイミングテキサスなど、多様なスイミングスタイルに完全対応する“EGスイミング”。

このスイミングの釣り、アタリは感じるが、合わした瞬間すっぽ抜けたり、少し間をおくと吐き出されたり、タイミングを計ることが非常に難しいことが特徴です。よって、アングラーやロッドによる差が大きく出てしまう、これが大きな悩みのタネでした。バイトを感じてからバスがルアーを放さないよう自然な状態で送り込み、重みが乗ってからのスイープなフッキング・・・代用ロッドでは当然、簡単にはいきません。

この一連の動作を誰もが簡単にこなせるように、これがEGスイミングのコンセプトです。バイトの瞬間口の奥にルアーを送り込み、バスに違和感を与えずしっかり食い込ませるために、ティップセクションを長めに設計、ストロークに余裕を持たせました。次に、重みを感じてからのスイープなフッキング。このとき、力に応じてしっかり受け止めるよう設計されたベリーセクションで、がっちりフッキングに持ち込むことができます。バイトの瞬間からきれいに曲がりこみ、意識せずにフッキングまで持ち込める、流れるようなロッドアクション。スムーズに、イージーに、スイミングの釣りを極める。

ディープクランクやスピナーベイトとの相性も抜群で、スイミングスタイルとの兼用を考えるなら確実にお勧め。琵琶湖アングラーにとってはマストアイテム間違いないでしょう。

全長 2.18m  継数
標準自重 148g  パワー ミディアムヘヴィ 
ルアー範囲 7~28g(1/4~1oz)  ライン範囲 12~20lb 
価格 60,000円(税別)

PAGE TOP

    詳細・特徴

  • ■ ブランクス
    低レジンピュアカーボンをメイン素材に採用。バット径を太くティップ方向にハイテーパー化し、カーボンシートを薄くすることで、圧倒的な強さと軽量化を同時に実現。加えてタテヨコ2方向、さらに斜め2方向、合わせて4方向にカーボン繊維をプラスしたヘラクレスクロス製法でバット部を補強。タテ方向の曲げ剛性、ヨコ方向の圧縮剛性に斜めにクロスさせたねじれ剛性をプラスすることで、全方向に均一な強度を持つブランクスが完成。しなり戻りが速く、それは同時に振り抜けの良さ、あらゆる方向からのキャストに対応し精度を上げること、飛距離、フッキングレスポンスの向上、そして軽量化による操作性と感度をも引き上げることが可能となりました。
  • ■ スレッドデザイン
    ヘラクレス・キャスティングシリーズでは、ロッド別にスレッドカラーを設定。EGスイミングにはトリコロールカラーのスレッドを採用。
  • ■ ガイドシステム
    FujiステンレスフレームSiCリングガイドを採用。
  • ■ #1~3ガイド・シングルフット
    ティップに柔軟性をもたせ、ルアーを自然に送り込みしっかり食い込ますために#1~3ガイドにシングルフットを装備。
  • ■ リールシートデザイン
    「形は機能に従う」。実戦主義のエバーグリーンが独自に開発したオリジナルリールシート、EGスーパーバスシート・スリム。バスフィッシングに求められる様々な動作をバランスよくこなすシンプルかつ機能的な形。オリジナルシェイプのスリムなボディはキャスティングの正確性を高め、パーミングにおいて全ての指にバランスよく力が分散して手の痛みや疲れを軽減します。また、これまでにないシートエンドの長さと形状は小指まですいつくようにしっかり握りこめます。精悍なブラックポリッシュ塗装にヘラクレス・オリジナルリールシートエンブレムを装着。
  • ■ グリップデザイン
    シンプルで扱いやすいEVAストレートグリップを採用。キャスト時に力が加わるグリップエンド部には硬質EVAを採用し、独自の形状と相まって抜群の握り込みを実現。さらにヘラクレスの頭文字Hをモチーフにしたコンビカラーのリングと、クォリティーを示すヘラクレス・オリジナルエンドプレートが装着されています。グリップ着脱式。
  • ■ メイド・イン・ジャパン(Made in Japan)
    本製品は日本製です。

    「メイド・イン・ジャパンへのこだわり」についてはコチラ(グランドコブラ 製品開発コンセプト)をご覧ください。
  • ■ 「全国釣竿公正取引協議会」認定製品
    公正取引委員会及び消費者庁長官の認定を受けた「釣竿の表示に関する公正競争規約」の規定に基づき「全国釣竿公正取引協議会」がその内容及び条件に適合していると認定した証「釣竿公正マーク」を貼付。

    ※画像はイメージです。

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 【動画】「EG going!」 Vol.30 佐藤信治 琵琶湖
    今回のEG going!は撮影日が3月29日と時期的にはまだまだ早いと思う日程であったが、「コンバットクランクが4月には必ずくる!」と想定して、「コンバットクランクシステム活用術」の予告みたいなノリで今回のロケを行った。
  • 巻きもんスペシャルロッドは「ウォリアーツアー」&「EGスイミング」のスペシャルコンビだがや~!
    冬のサトシン塾的には、ここ数年は毎年気象状態が全く違っているので当たりルアーが決まらないんですが、基本的にはやっぱり「巻き」のスタイルで変わりなく、その年々の当たり的なルアーを探し当ててる感じですね~
  • 下敷領信也 琵琶湖攻略ルアー&ロッド・ベスト5
    琵琶湖は安定感が全くない感じでかなり厳しい状況が続いていますが、そんな中でも活躍してくれているルアー&ロッド・ベスト5を紹介します。
  • 【動画】「EG Going!」 Vol.25 佐藤信治 琵琶湖×入鹿池
    コンバットクランク400&ヘラクレス・EGスイミング、そしてサイドステップ95がテーマの今回のEG Going! 舞台は、「過去経験したことのない異常な状態」の琵琶湖と、今から10数年前のNBC中部総合チャプターで301人全員ノーフィッシュといった記録を持ち、「日本一釣れないフィールド」と言われる入鹿池。
  • 絶対!の一本 EGスイミング デビューです!
    今や「スイミングラバージグ」「テキサスリグスイミング」ってのは、琵琶湖アングラーにとって定番というレベルじゃないぐらいの、当たり前に「ド!」が付くほどのド定番になってますね~! 特に、 冬~春の時期なんてのは、ほとんどのアングラーのボートにはスイミングラバージグをセットしたロッドが並んでますしね~ また、グラスが成長してきてハー ドベイトが通しにくいシーズンになってから、秋になるぐらいまでのシーズンは、カーリーテール系やシャッドテール系ソフトベイトでのスイミングテキサスリグが、おもいっきり活躍してくれます!
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339
ヘラクレス

キャスティングモデル
キャスティングモデル(ソリッドティップ)
グラスキャスティングモデル
スピニングモデル
スピニングモデル (ソリッドティップ)