フェイス

フェイス

盛三のこだわりを凝縮した究極のグローバルサーチベイト。

勝負師として絶対に釣る自信のある道具だけしか使わないという、強い信念を貫く盛三のこだわりジャークベイト「フェイス」。ジャークベイトはシーズン、フィールドを問わず様々な状況下で効率よく魚を釣ることができるという“FAITH”(信念)を皆に証明すべく、ボディ形状、リップ構造、アクション、飛距離、潜行力等、全ての面において徹底的にこだわった究極のグローバルサーチベイトです。独特の波動で水を大きく動かし、遠くの魚、深い魚を引き寄せ、イレギュラーダートで一気にストライクに持ち込む“寄せと喰わせ”の盛三こだわりアクション。広範囲を立体的に探る圧倒的な守備範囲の広さを誇ります。

全長 11.5cm 自重 18.6g
タイプ スローフローティング 潜行レンジ 1.0~2.0m
推奨タックル Rod:ミディアムライト〜ミディアムヘビー6′5″〜7′0″ベイトロッド
Line:フロロカーボン10〜16lb.
リング(スナップ)サイズ 【ラインアイ】 #3,【フックアイ】 フロント:#3・センター:#3・リア:#3
フックサイズ フロント:#5・センター:#5・リア:#5
価格 1,750円(税別)

PAGE TOP

詳細・特徴

■画像をクリックすると特徴説明がご覧いただけます。
  • ロングリップ

  • ボディデザイン

  • タングステン重心移動システム

※フェイスはスローフローティングに設定していますが、水温・水質・ラインポンド等によって若干、フローティングスピードに影響がでる場合があります。

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 清水盛三が語る
    低水温期の切り札、フェイス・カラーローテーション編
    『The Hit』池原ロケに続いて、渡米直前の『The Hit』末武川ダムロケでもフェイスが大活躍。水温6.5℃、寒冷前線通過に伴う大雨強風のなかでの厳しいロケとなったが、清水盛三こだわりのカラーローテーションがビッグフィッシュを搾り出す。
  • 清水盛三が語る 低水温期の切り札、フェイス
    本場アメリカのB.A.S.S.エリートシリーズに参戦するプロアングラー清水盛三にとって、日本でのメディア取材がピークを迎えるのはトーナメントのオフシーズンである冬。そして防寒着に身を包む清水が持つデカバスの口には高確率であのルアーが・・・
  • 清水盛三が語るジャークベイト、フェイスのもう1つの使い方
    ジャークベイトは冬から春だけのものじゃない。ポストスポーンのバスをハメる強力なポテンシャルを持っているねん。僕がまだJBのトーナメントに出る前になるけど、神様リック・クランが来日したとき、テレビの番組で琵琶湖で爆発的に釣っているのを見た。そのときのルアーがフローティングジャークベイトのロングA。で季節は6月。まさにポストスポーンのジャークベイトパターンなんやけど、その意味も知らずに見様見真似でやってみた。そしたら、めちゃくちゃ釣れたんですわ〜
  • 【動画】小林知寛 『 小林知寛 七色ダム50up連発!!編 』
    小林知寛が早春のリザーバーでビッグフィッシュを連発!! 的確な状況判断とルアーの特性を生かした操作術。ビッグバスのリアクションバイトを誘発する「新たなるフェイスの使用法」は必見です!
  • 春先は、やっぱりフェイス!
    2011年は初めっから異常な気象状態が続き、魚の動きも例年通りってわけにはいかない。そんななか唯一、例年通りの展開が崩れないパターンが、フェイスのクランキング&ステイ。いわゆる、速巻きして止めるです!
  • 【動画】小林知寛 『 小林知寛 フェイスの初冬攻略術 』
    冬の感動的な1本を求め、「EG going!」のロケで旭川ダムに行ってきました。当日は1週間前からの急激な冷え込み、そして大減水という厳しい状況。そんな中での1本のバスは、本当にうれしい価値あるものですよね。 その1本に出会うために、これからの時期に僕がもっとも自信を持っているルアー、フェイスで勝負してきました。
  • フェイスのただ巻きで59.5cm
    11月末の池原ダムで59.5cmのバスをキャッチしました。ルアーはフェイス。そのときの模様を簡単ですがレポートします。
  • 春の定番ジャークベイト「フェイス」大特集
    冬~春の定番ジャークベイトとして全国各地で数多くの実績を上げているフェイス。 フェイスでデカバスを釣るなら今がまさにベストシーズンです。今回は3名のエバーグリーンプロスタッフが、それぞれ違うタイプのフィールドでのフェイスの 効果的な使い方、カラーセレクト、タックルセレクトなどを紹介します。皆さんのホームフィールドでもぜひお試しください。

PAGE TOP

製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339