NEWジャックハンマー

ジャックハンマー


2017年3月発売予定

トッププロのシークレットベイトが、数々の実績をひっさげて遂に現実のものとなる。

2004年にブレーデッドジグの元祖であるチャターベイトが登場して以来、トップカテゴリートーナメント実戦の場でブレーデッドジグを使い続けてきた清水盛三の経験と、2014FLWツアー&バスマスターエリートシリーズ両開幕戦でブレーデッドジグを武器に衝撃の2戦連続優勝を成し遂げた、ミスターブレーデッドジグ、ブレット・ハイトのアイデアを融合してつくりあげたブレーデッドジグの核心を突くブレーデッドジグ、その名もジャックハンマー。

その半端ではないこだわりは、心臓部であるブレードやヘッド、さらにはフック、ラバースカート、トレーラーキーパー等のメインパーツはもちろんのこと、果てはブレード穴(スナップ、ヘッドとの接続部)の位置およびサイズのコンマ単位での調整にまで及んだ。

ジャックハンマー(削岩機)という名の由来となった「手元に響く明確な振動」&「ブレードとヘッドがぶつかり合う低音サウンド」を始め、豊富な実践&最強の実績によってジャックハンマーに込められたブレーデッドジグの核心とは……

続きは後日アップ予定!






2016シーズンまで表舞台に登場することはなかったが、実は清水盛三とブレーデッドジグの付き合いは10年以上になる。過酷なトップカテゴリートーナメントで生き残るために、自社製他社製問わず毎年数多くのルアーを試し、使い込み、それらの良い点や改良すべき点等の膨大なデータをインプットしてきた清水。その豊富な経験を元についに自身の武器として、ブレット・ハイトという強力なパートナーとタッグを組んで新たなブレーデッドジグの開発に着手したのが2014年春であった。

そして、その年の秋に開催された2014バサーオールスタークラシックでジャックハンマーの初期プロトタイプを実戦初投入。ビッグフィッシュ賞に迫る1,500gオーバーウェイインを皮切りに、2015年バスマスターエリート実戦の場でテスト&改良を繰り返し、ついに2016バスマスターエリート第7戦カユーガレイクにおいて、ジャックハンマーの最終プロトタイプがビッグフィッシュ賞を獲得。

さらに、その他の2016年バスマスターエリートトーナメントでも数々のキッカーフィッシュをキャッチ、また、ここ一番でキーパーを絞り出す等、刻々と変わるコンディションに順応する幅広い対応力を発揮。時にビッグフィッシュゲッターとして、時にリミットメイカーとして、清水盛三のトーナメント戦略を支える武器として、すでになくてはならない存在に。


2016バスマスターエリート カユーガレイク戦
清水盛三が真剣勝負の場で見せたジャックハンマーでナイスフィッシュを獲るシーンは要チェック。

①1:00~(清水ウェイイン) ②4:00~(清水実釣シーン) ③16:00~(清水実釣シーン) ④38:00~(ブレット実釣シーン)
※時間は目安です
B.A.S.S. Bassmaster公式ページで観る場合はコチラ

■関連記事

2015.08.26
清水盛三が語る バスマスターエリートシリーズ第7戦
ジャックハンマーで5ポンドオーバーをはじめビッグフィッシュをキャッチし14位入賞を果たす。

2016.06.07
清水盛三が語る 2016バスマスターエリートシリーズ前半戦(後編)
ジャックハンマーで連日のモーニングバイト~リミットメイクにも貢献し決勝進出。

2016.07.28
清水盛三が語る バスマスターエリート第6戦&第7戦(前編)
ジャックハンマーでビッグフィッシュ賞を獲得。初日トップウエイトの原動力に。


2016.10.14
清水盛三が語る バスマスターエリート第8戦&第9戦
タフなタイダルリバーでナイスフィッシュを連発。ジャックハンマーがメインベイトに。





ブレーデッドジグを駆使し2008年FLWツアー開幕戦、そして続くFLWシリーズ戦で連続優勝。さらに、2014年FLWツアー開幕戦も得意のブレーデッドジグで優勝、そのままの勢いで2014バスマスターエリートシリーズ開幕戦をまたしてもブレーデッドジグで制し、本場アメリカのバスフィッシング界に衝撃を与えたミスターブレーデッドジグ、世界一ブレーデッドジグで稼ぐトーナメントアングラー、ブレット・ハイト。

ブレーデッドジグを使わせたら彼の右に出る者はいないというほどブレーデッドジグで釣りまくってきたブレット・ハイトがブレーデッドジグに求める理想を形にすべくテストにテストを重ね、ついに完成を見たジャックハンマー。2016年バスマスターエリートでの実戦テストでは、第2戦ウィンヤーベイ2位、第7戦カユーガレイク3位をはじめ、第5戦トレドベンド、第8戦ポトマックリバーでも決勝進出を果たし、早くも結果を出した。さらには、真冬のフィールドテストでスーパービッグフィッシュをキャッチするなどフィールド、季節を選ばず結果を残している。

また、ブレットと親交のあるバスマスターエリートプロ数名がシークレットベイトとしてジャックハンマーを使い決勝進出を果たすなど、他社の契約選手からも「なんとか手に入れられないか」とアメリカでは発売前からすでに話題沸騰のマネーベイトがついにベールを脱ぐ。


2016バスマスターエリート ウィンヤーベイ戦
ブレットハイトがジャックハンマーで準優勝(トップとの差はわずか4oz)。ジャックハンマーの名が全米に知れ渡るキッカケになった試合。

①11:00~ ②16:00~ ③22:00~ ④37:00~(以上ブレット実釣シーン)
※時間は目安です
B.A.S.S. Bassmaster公式ページで観る場合はコチラ

■関連記事&動画

2014.02.17
ブレット・ハイト FLWツアー 第1戦 優勝
ブレーデッドジグでプリスポーンバスを攻略。圧倒的ウエイトで優勝。

2014.03.19
ブレット・ハイト バスマスターエリートシリーズ 第1戦 優勝
ブレーデッドジグマスターの強さを見せつけ驚異のメジャートーナメント連続優勝。


2016.04.12
【速報】ブレット・ハイト バスマスターエリートシリーズ 第1戦 準優勝
ブレットハイトの活躍によりジャックハンマーの名が全米に知れ渡る。

2016.05.20
【動画】ブレット・ハイト バスマスターエリート・トレドベンド戦コメント【日本語字幕】
最終日は25ポンド超。4日間ウェイインしたすべてのバスをジャックハンマーでキャッチし決勝進出。

2016.08.19
【動画】ブレット・ハイト バスマスターエリート・ポトマック川戦コメント【日本語字幕】
ジャックハンマーをメインに2戦連続で決勝進出を果たした試合後のインタビュー。

■3/8oz
自重 3/8oz
価格 1,188円(本体価格:1,100円)
■1/2oz
自重 1/2oz
価格 1,188円(本体価格:1,100円)

PAGE TOP