HCSS-61ULST ソリッドセンサー61

ソリッドセンサー61

  • コンセプト
※ 当製品の生産は終了いたしました。

探る、感じる、掛ける。緩急自在の次世代フィネスソリッドスピン。

ソリッドセンサー61

トップトーナメンター福島健がソリッドティップにこだわる訳は、その喰い込み性能にある。かすかな一瞬の違和感をロッドを少し立てて聞いてみる。ソリッドティップならバスが違和感を感じないので、離さず喰い込んでくれる。そこを強いベリーで掛けていく。

しなやかなティップと相反する張りのあるしっかりとしたベリー~バットは対応リグの幅を広げ、取り回しの良い61というレングスと相まってテンポの速い攻めの釣りを可能にした。4軸武装のバットパワーはデカバスの突進を自在にコントロール出来る。

ガイドセッティングフェチ・福島がこだわった独自のガイドセッティングは、軽量ルアーの飛距離を向上させ、ライントラブルを軽減し、さらに感度を向上させた。ソリッドセンサー。緩急自在の次世代フィネスソリッドティップスピン。

全長 1.86m  継数
標準自重 91g  パワー ウルトラライト 
ルアー範囲 0.9~5g(1/32~3/16oz)  ライン範囲 2~5lb 
価格 61,000円(税別)

PAGE TOP

    詳細・特徴

  • ブランクス
    低レジンピュアカーボンをメイン素材に採用。バット径を太くティップ方向にハイテーパー化し、カーボンシートを薄くすることで、圧倒的な強さと軽量化を同時に実現。加えてタテヨコ2方向、さらに斜め2方向、合わせて4方向にカーボン繊維をプラスしたヘラクレスクロス製法でバット部を補強。タテ方向の曲げ剛性、ヨコ方向の圧縮剛性に斜めにクロスさせたねじれ剛性をプラスすることで、全方向に均一な強度を持つブランクスが完成。しなり戻りが速く、それは同時に振り抜けの良さ、あらゆる方向からのキャストに対応し精度を上げること、飛距離、フッキングレスポンスの向上、そして軽量化による操作性と感度をも引き上げることが可能となりました。
  • ガイドシステム
    ソリッドティップ搭載のHCSS-61ULSTにはFuji LGトップガイドを採用。あえてスレッドを巻かずティップの軽量化にこだわったトーナメント仕様。ラインの引っ掛かりを防止するため、段差はUVコーティング。そして、ティップセクションには小口径FujiチタンKTガイドをチョイス。ラインがブランクスに近づくことにより感度が向上。さらにガイドへの糸絡みが激減。
  • リールシートデザイン
    細身のリールシートFuji VSS16を採用し、アップロックのフードにカーボンスリーブで段差の少ないストレートデザイン。フィット感が格段に向上し、繊細なアクションに対応しやすい抜群の操作性を実現しました。リールシートには精悍なブラックポリッシュ塗装にヘラクレス・オリジナルリールシートエンブレムを装着。
  • グリップデザイン
    高感度シグナルブースターの役割を果たすワインディングチェックと先端にかけてのテーパードシェイプは感度重視のセッティング。必要十分なセパレートデザインで軽量化を実現。グリップエンドにはヘラクレスの頭文字Hをモチーフにしたコンビカラーのリングと、クォリティーを示すヘラクレス・オリジナルエンドプレートが装着されています。

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 小山雅史 2012年 JB旭川 第2戦 優勝報告
    6月3日の2012年 JB旭川 第2戦で優勝することができましたので報告いたします。スポーニングも終盤を迎え、1週間前から1m以上減水。ネストもほぼ姿を消し、アフター期に移行していく中での大会となりました。
  • 佐藤順一 バスタックルで楽しむ管理釣り場トラウトフィッシング
    寒くなるに従ってバス釣りは沈黙の一途を辿り厳しい季節を迎えます。「寒い時はコタツに入ってDVDの映画でも見て過ごすか?」 いやいや真の釣り好きはそうはいきません! 過酷な状況になっても何かしら魚の引きを味わいたいものですよね。そこで、管理釣り場のトラウトフィッシングでも、となるわけですが、今回は私のホームグラウンドであるハミングバード通天湖への釣行の模様を紹介します。
  • 【動画】「EG going!」 Vol.19 福島健・野村ダム
    今回は愛媛県野村ダムへ行ってきました。この日、野村ダムは3日前に降った雨で本流はかなり濁っていました。しかし上流からクリアな水が入ってきている状況だったので、上流をメインにフィーディングに上がってくる魚を狙っていきました。
  • 【動画】「EG going!」 Vol.15 福島健・紀ノ川
    約1年ぶりとなるEG goingのロケで和歌山・紀ノ川に行ってきました。前回出演のときと同じく季節は冬、しかもオカッパリ!このきびしい状況のなか、今回は僕、福島健がプロデュースしたロッド、ヘラクレス・ソリッドセンサー61とプロトのスモラバ&ワームをメインに挑んできました。
  • ヘラクレス・スピニング・ソリッドティップモデルが大活躍 福島健、2010年 JBトップ50第2戦・3位入賞報告
    2010年 JBトップ50第2戦・北浦水系で3位入賞した時のスペシャルなフィッシングパターンと、この試合で活躍してくれたヘラクレスのスピニングロッド「ソリッドティップ・トーナメントモデル」を紹介したいと思います。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339
ヘラクレス

キャスティングモデル
キャスティングモデル(ソリッドティップ)
グラスキャスティングモデル
スピニングモデル
スピニングモデル (ソリッドティップ)
  • ソリッドセンサー61