Dゾーン

Dゾーン

盛三の自信。競技用スペシャルスピナーベイト。

デカバスを呼ぶ機能を追求した結果、折れる危険性も合わせ持った諸刃の剣。しかし、その威力は完全に弱点を凌駕する…。1レースのみに照準を絞ったフォーミュラマシンと同一のコンセプトから生まれた、清水盛三が放つトーナメントスペシャルスピナーベイト。おそらく日本でも最もデカバスを仕留め続けているスピナーベイトはD-ZONEだろう。そう言える程、D-ZONEは圧倒的な支持と共にデカバスの実績を確実に重ねているのだ。真似の出来ない、デカバスを引きつけてやまない波動。喰ってきたバスを確実に掛けて獲る力。清水盛三の自信。競技用スピナーベイトD-ZONE。

Mo-DO 10周年記念
特別カラーD-ZONE限定リリース!!

詳しくはバナーをクリック!

■3/8oz ダブルウィローリーフ
自重 3/8oz
推奨タックル Rod:ミディアムライト~ミディアム6′0″~6′6″ベイトロッド
Line:フロロカーボン8~16lb. or ナイロン10~20lb.
価格 1,620円(本体価格:1,500円)
■1/2oz ダブルウィローリーフ
自重 1/2oz
推奨タックル Rod: ミディアムライト〜ミディアムヘビー6′0″〜7′0″ベイトロッド
Line:フロロカーボン8〜16lb. or ナイロン10〜20lb.
価格 1,620円(本体価格:1,500円)
■3/4oz ダブルウィローリーフ
自重 3/4oz
推奨タックル Rod:ミディアムヘビー〜ヘビー6′6″〜7′4″ベイトロッド
Line:フロロカーボン8〜16lb. or ナイロン10〜20lb.
価格 1,620円(本体価格:1,500円)
■3/8oz タンデムウィローリーフ
自重 3/8oz
推奨タックル Rod:ミディアムライト~ミディアム6′0″~6′6″ベイトロッド
Line:フロロカーボン8~16lb. or ナイロン10~20lb.
価格 1,620円(本体価格:1,500円)
■1/2oz タンデムウィローリーフ
自重 1/2oz
推奨タックル Rod:ミディアムライト〜ミディアムヘビー6′0″〜7′0″ベイトロッド
Line:フロロカーボン8〜16lb. or ナイロン10〜20lb.
価格 1,620円(本体価格:1,500円)

PAGE TOP

詳細・特徴

■画像をクリックすると特徴説明がご覧いただけます。
  • スキャッタードフラッシュブレード

  • 特殊形状カーブドライトワイヤーアーム

  • フロントブレード位置を固定

  • ハンダ付済スプリットリング

  • 浮き上がりを抑える低重心ヘッド形状

  • ショートシャンク&スモールラウンドゲイプ

  • ブレードタイプ
  • ●タンデムウィローリーフ
    同サイズのダブルウィローリーフモデルよりもバイブレーションが際立つインディアナブレードをフロントに装したこだわりのタンデムウィローリーフ。フィールドや状況を選ばないオールラウンダーモデルです。
    ■ブレードサイズ
    3/8oz.:フロント#1(インディアナ)・リア#1(ウィローリーフ)
    1/2oz.:フロント#2(インディアナ)・リア#3(ウィローリーフ)
  • ●ダブルウィローリーフ
    ブレードのアールベンディングをフロントとリアで異ならせることで、フロントブレードはタイト&ナローに、リアブレードはワイドにバイブレーションするシステムを実現。このことにより、2枚のウィローリーフは1尾の大型ベイトフィッシュをリアルイミテートします。また、異なった震動を生むカスタムブレードを装着することで、ダブルブレードタイプにありがちな、互いのブレードの震動の干渉によるバイブレーションの相殺を完全に克服。引き感(感度、操作性)が抜群で、強烈なバイブレーションをさらに増幅させることが可能になりました。特に3/4oz.によるディープのスローローリングでは、ビッグバスに爆発的な威力を発揮します。
    ■ブレードサイズ
    3/8oz.:フロント#0・リア#1   1/2oz.:フロント#2・リア#3
    3/4oz.:フロント#4・リア#5

PAGE TOP

関連動画

PAGE TOP

    プロスタッフ インプレッション

  • 清水盛三が語る バスマスターエリートシリーズ第1戦・第2戦
    スイミングジグが陰の立役者&対フロリダ・サイト戦
    2014年3月13~16日のジョージア州レイク・セミノール戦、そして、その翌週3月20~23日のフロリダ州セントジョンズリバー戦と2週連続して開催されたバスマスターエリートシリーズ。 「いかに広範囲を効率良くカバーするかがキーとなった開幕戦。サイトフィッシングがキーとなった第2戦」と語る清水盛三がその戦いを振り返ります。
  • 大西健太 Dゾーン 3/4oz 絶好調!
    春先から現在に至るまで非常にデカいのがよく釣れているDゾーン! 春先のスローロールでは前回も紹介させていただいたDゾーンパワーブレード1/2ozをメインに使用していましたが、今はオリジナルDゾーンの3/4ozをメインに使用しています。
  • ハードベイトパターンでW.B.S.クラシック準優勝
    10月23・24日に霞ヶ浦で行われた2010W.B.S.プロクラシック19において準優勝することができました。練習ではD-ZONEとスタンブルを、ひたすら投げ続けて強烈なパターンを発見。試合でも10本中9本のバスを、この2つのルアーでキャッチ。ハードベイトの破壊力を再認識した試合となりました。
  • 蛯原英夫、W.B.S.2010シリーズ最終戦・優勝報告
    10月25、26日に霞ヶ浦で開催されたW.B.S.2010シリーズ最終戦で優勝する事ができましたので報告します。
  • 【動画】「EG going!」 Vol.11 小林知寛・旭川ダム 番外編
    EG going!Vol.11『シャワーブローズ使用法・ボート編 & オカッパリ編』は見ていただけましたか? 前回はシャワーブローズオンリーの動画でしたが、実はボート編のロケでは他のルアーでもビッグフィッシュを釣っていたんです。
  • 沖田護、TBCトーナメント最終戦優勝!
    2009年10月4日に利根川で行われたTBC最終戦にて優勝する事が出来ました。フィールドの状況が不安定なこの時期、晩夏~秋の利根川本流ではクランクベイト→ス ピナーベイト→ジャークベイトといった様にバスの反応が良いルアーが移行していきます。これはバスの捕食するモノが手長エビからシャッドに移行するためだ と考えられます。そこで、この3つのルアーをメインにプラクティスを行いました。

PAGE TOP

カラーチャート

※画像はカラーイメージです。サイズ・仕様は異なる場合があります。
Dゾーンは競技の中で、こわれる可能性が高くても1本のビッグバスを獲ることにこだわって作られたスピナーベイトです。ランディングは抜き上げなど負荷のかかるやり方は破損の可能性を高めますので、出来る限りネット等でのランディングをお薦めします。なお、アームの折れを防止する為に、からんだウィード等をはずす時、Dゾーンを水面にたたきつけたりすることは、お避け下さい。そして、40cm/1kgクラスなら3本程度釣り上げた時が折れを防ぐ交換の目安となります。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339