OCSC-67ML+ ライトニングストライク

ライトニングストライク

パワー系ベイトフィネスと操作系ハードベイトの二刀流。
異なる二つの領域に突き抜ける67MLプラス。

フルサイズジグ + 20lbラインでは喰わない。スモラバのベイトフィネスでは獲れない。そんなカバー最奥に潜むタフバスに違和感なく口を使わせ、そして確実に引きずり出すための究極の選択。それがライトニングストライク。例えば、カバークリーパー5.8g & アントライオン3.3インチ + 14lbラインで巧みにカバー最奥まで滑り込ませて丁寧に誘う。そして、ガッチリと掛けてバラさず切られず、時には強引にでも獲る。カバー以外でも、ライトテキサスリグや軽めのゼロダン等、喰わせのワーム系リグでパワーが必要な状況にマッチする。
そして、ライトニングストライクのもう一つの顔が、軽快な操作感を持つハードベイトロッド。例えば、ジャークベイトやトップウォーターのトゥイッチング&ジャーキングに。あるいはメタルバイブレーションのリフト&フォールに。軽さとバランスの良さで長時間のロッドアクションをサポートしつつも、バイトを弾かず吸い込ませて乗せるブランク特性は、操作系ベイトのリアクションバイトのみならず、コンパクトスピナーベイトやシャロークランクの巻きの釣りにも高次元で対応する。
ティップからバットまでの全身をトレカ®T1100Gが貫くレギュラーテーパーの軽量ハイバランス設計で、しっかりしなる柔軟性と素早く戻る鋭い反発力を兼ね備えるライトニングストライク。その特性の中でまず挙げられるのが、コンパクトジグでカバー最奥をえぐる低弾道ピッチング&スキッピング。風の影響を受けやすいジャークベイトでもロッド乗せて鋭く遠くまで運ぶキャスタビリティ。
さらには、カバーにラインが擦れている状態で枝なのか魚なのかを判別する感度。サスペンドポーズ中の違和感や、フックに枯草がまとわりついた際の微妙なルアーの動きの乱れを感じ取る感覚。また、繊細なシェイキングからここぞというタイミングで鋭く仕掛ける操作性。キレの良いジャーキングや連続ドッグウォークを快適に行なう軽快感。
そして、カバー越しにフッキングが決まる、リアクションバイトを弾かず吸い込ませて掛ける……といった実戦における主な特徴から導き出されるその実体は、様々な用途への対応能力を備えながらも、「パワー系ベイトフィネス」と「操作系ハードベイト」の両方に突き抜けたパフォーマンスを発揮する二刀流。
67ML・67Mとの使い分け
オライオンシリーズには、スペックが近い「67ML デジェル」「67M カンタータ」という機種がラインナップされている。遠投性と正確性、操作性とパワーを両立する最もバランスの取れた6フィート7インチという長さではあるものの、「その狭い範囲になぜ?」と感じる「67ML+」というパワー設定にも意味がある。
まずは、シンプルに使用ルアーウエイトの違いで使い分ける。ML~Mで使用するルアーウエイトに関して、特にワーム系リグでは1グラム単位でシンカーウエイトを調整するのが当たり前というアングラーも多い。いや、コンマ単位で調整しているというコアなアングラーもいるのではないだろうか。なので、一見狭い範囲に感じられるMLとMの間隔はことのほか広く、例えばMH・H・XHを使い分けるような感覚で、ML・ML+・Mを使い分ける必要があるということ。
次に使用用途の違い。「67ML デジェル」と「67ML+ ライトニングストライク」はカバーの濃さで使い分けるという手がある。「67ML+」は、ブランクパワーを「67ML」よりワンランク近くアップさせながら、そのうえでベリー~バットセクションのガイドを「67ML」よりも手前に配置することで、バットパワーをより引き出せるようセッティング。グリップは、「67ML」同様取り回し重視のショートタイプを採用。軽快な操作性を可能な限り維持したままで、カバー最奥を臆せず撃てるパワーを持たせている。
ハードベイトに関しては「67M カンタータ」との使い分け。「67M」はフッキングパワーが必要なシングルフック系の巻きを中心に、「67ML+」はロッドでアクションさせる操作系ハードベイトに。「67M」よりもベリーの張りを抑えたブランク設計の「67ML+」は、さらに、ベリー~バットセクションの各ガイド間隔を広げてそのマイルドさを強調。ジャーキングのパワーを吸収しラインスラックが出しやすくなるため、手前に引っ張りすぎることなく移動距離を抑えたキレのあるアクションを可能にした。また、マイルドさは、より吸い込みを重視したコンパクトスピナーベイトやシャロークランクベイトの巻きにも好適となる。
現代の日本のフィールドをベイトタックルで攻略する際の中心となるルアーウエイト範囲──それゆえ市場ではその範囲のルアー、リグ、ウエイトの種類が最も多いとも言える──をしっかりカバーする6フィート7インチのMLプラス。幅広い適応能力を持ちながら、パワー系ベイトフィネスロッドと操作系ハードベイトロッドの二つの顔を持つライトニングストライク。それぞれに必要な能力、そのいずれをも犠牲にすることなくつくり上げた最適解である。
〈対応ルアー&リグ〉
●フィネスラバージグ ●リーダーレスダウンショットリグ ●ライトテキサスリグ ●ミノー・シャッド・ジャークベイト ●トップウォーター ●トップ~シャロークランクベイト ●スピナーベイト ●バイブレーション・メタルバイブレーション etc...
菊元俊文がライトニングストライクとカバークリーパー5.8g+アントライオン3.3インチの組み合わせで、良型バスをキャッチ。ML+で楽々と抜き上げるパワーと強度はオライオンの証。

全長 2.01m  継数
標準自重 109g  パワー ミディアムライト プラス 
ルアー範囲 3.5~35g(1/8~1・1/4oz)  ライン範囲 6~16lb 
価格 64,000円(税別)

PAGE TOP

    詳細・特徴

  • ■ ブランク
    『トレカ®「T1100G」』&『ナノアロイ®技術』
    高強度・高弾性率炭素繊維『トレカ®「T1100G」』に『ナノアロイ®技術』を適用したカーボンプリプレグをティップからバットまでのすべての積層に採用した、よどみのないベンドカーブを持つレギュラーテーパー。凄まじい復元力を発揮。
    ・『トレカ®T1100G』 & 『ナノアロイ®技術』について詳しくはコチラ→
    ※「トレカ®」&「ナノアロイ®技術」は東レ(株)の登録商標です。
  • クワトロウーブンクロス
    従来のクワトロ(4軸)クロスに比べて 積層密度を高め肉厚に織り込まれたクワトロウーブンクロスをバットセクションに新採用。ブランクのネジレやツブレを強烈に抑制。
  • ■ ガイドシステム
    軽量化と強度のバランスを重視し、大きすぎず小さすぎないサイズのSiCリング・チタンフレームガイドを採用。
    ●トップ:SiCリング・チタンフレームガイド
    ●ティップ~ベリー(4個):SiCリング・チタンフレーム強化シングルフットガイド
    ●ベリーバット(4個):SiCリング・チタンフレームダブルフットガイド
    さらに、①一般的なセッティングと比べて、よりブランクパワーのあるグリップ側に元ガイドを配置することでリフティングパワーを強化。②ベリー~バットの各ガイドの間隔を広めにとることでラインスラックが出しやすくなり、ルアー操作時のマイナス要素となるラインテンションの掛け過ぎを抑制。
  • ■ グリップデザイン(フォア)
    軽量でシャープな操作を可能にするフォアグリップレスデザイン。パーミング時にダイレクトにブランクタッチが可能な、ブランクとグリップ結合部のスレッド巻きを排除した設計。
  • ■ グリップデザイン(リールシート)
    グリッピング性能や操作性、感度を重視し、細身で軽量なブランクタッチ方式のFuji ECSリールシートを採用。
  • ■ グリップデザイン(センター・リア)
    あらゆる方向からのキャストに対応し、操作性&軽量化を追求したセパレートタイプ。
    センターグリップ、リアグリップ共に高硬度タイプEVAを採用し、EVA素材ならではの優れた耐久性と硬質素材によるダイレクトな操作感を実現。
  • ■ グリップ長
  • ■ブラックデザイン
    シャープさと重厚感を同時に醸し出すブラック基調のモノトーンデザイン。質感が異なるブラック系カラーの組み合わせでシンプルさの中にも高級感を表現。
  • ■ メイド・イン・ジャパン(Made in Japan)
    本製品は日本製です。
    「メイド・イン・ジャパンへのこだわり」についてはコチラ(グランドコブラ 製品開発コンセプト)をご覧ください。
  • ■「全国釣竿公正取引協議会」認定製品
    公正取引委員会及び消費者庁長官の認定を受けた「釣竿の表示に関する公正競争規約」の規定に基づき「全国釣竿公正取引協議会」がその内容及び条件に適合していると認定した証「釣竿公正マーク」をプリント。
    ※画像はイメージです。

PAGE TOP




※製品の価格、仕様などは、予告なく変更となる場合があります。
※製品の画像は、お使いのモニターにより実際の色調とは異なる場合があります。
製品に関するお問い合わせはこちらから 06-6531-0339